コインインフォメーション

Aelf(エルフ・ELF)の特徴と購入できる取引所

Aelf(エルフ・ELF)の特徴

Aelf(エルフ・ELF)は、通貨単位がELFで記され、2017年12月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、2億5000万枚です。
Aelf(エルフ・ELF)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

エルフは、誰でも簡単にカスタマイズができるブロックチェーンプラットフォームを目指しており、分散型のクラウドコンピューティング・ブロックチェーン・ネットワークを構築するというインフラ的なプラットフォームを目指しています。
イーサリアムベースになりますので、ELFトークンはERC-20です。

エルフは、通常のブロックチェーンの課題を以下のように挙げています。

◯ 拡張性に乏しい
単一のノード・マイニングマシンのパフォーマンスがシステム全体のパフォーマンスを左右してしまう傾向にあるので、これまでのブロックチェーンは拡張性がありません。

◯ スマートコントラクトへの干渉
1つのブロックチェーン上で、複数の異なるサービスのスマートコントラクト実行が要因で、リソースが分離されないために、スマートコントラクトの実行に干渉しています。

◯ アップデートや、新機能の実装に手間がかかる
ビットコインの例にもあるように、ブロックチェーンには、アップデートや新機能を取り入れるための事前定義やコミュニティ内のコンセンサスプロトコルがありません。

一方エルフは上記の課題を踏まえて、以下の特徴を持っています。

◯ DPoS(Delegated Proof of Stake)を採用
エルフは、コンセンサスアルゴリズムにDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用することで、PoWを採用している仮想通貨よりも、マイニングが集中化してしまうことの防止やマイニングコストの削減ができます。
DPoSとは、投票で選出された一部の承認者がブロックを生成します。

◯ サイドチェーンの活用
エルフがメインチェーンとなり、他のブロックチェーンをサイドチェーンで繋ぎ互換性を持たせることで、既存のすべてのブロックチェーン・エコシステムを繋げるという構想です。

メインのチェーンと接続されたサイドチェーンにより、エルフユーザーはサイドチェーン上でDapps(分散型アプリケーション)の構築ができるので、自由なカスタマイズが可能です。
また、各サービスのスマートコントラクトが、サイドチェーン上でも実行されます。

メインチェーン上でブロックの承認時間を変更するよりも、サイドチェーン上での承認時間を調整することで、メインチェーン上とサイドチェーン上でのトランザクションの並列処理ができるので総合的にトランザクション処理が向上します。

Aelf(エルフ・ELF)の将来性は?

【エルフ・ELF】リアルタイム価格

エルフはシンガポールを拠点とし、主に中国の企業から出資を受けています。
エルフと似たような構想のプラットフォームとして、PolkadotプロジェクトやNEOが挙げられるでしょう。

ロードマップによると、2018年5月にはエルフOS、メインチェーンの完成、8月には投票システム、サイドチェーンアクセスメカニズム、緊急時対策、そして2019年1月の正式なリリースを目指しています。
また、Candy Systemと呼ばれるエアドロップにより、総供給量の12%を配布する予定です。

エルフは、今後社会にブロックチェーン技術が浸透していくに連れて需要が増えるプラットフォームだと思います。今後は、どのような企業やユーザーが採用するかが注目されるでしょう。

Aelf(エルフ・ELF)が買える取引所は?

エルフ・ELFは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでエルフ・ELFを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る