コインインフォメーション

Agrello(アグレロ・DLT)の特徴と購入できる取引所

Agrello(アグレロ・DLT)の特徴

Agrello(アグレロ・DLT)は、通貨単位がDLTで記され(デルタと呼称)、2017年5月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、1億3027万1020枚です。

Agrello(アグレロ・DLT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

アグレロは、エストニアの法律関係者や高等教育機関、情報技術の専門家達によって設立されたプロジェクトで、AIとスマートコントラクトを利用した契約書を、契約に関わる専門知識やプログラミング言語無しで作成出来ることを目指しているプラットフォームです。

通常、AとBで何らかの取引を行う場合に、AとBの間でその契約を結びます。その契約内容が、例えば法律に関わるものなど専門性が高い場合ですと、司法書士や弁護士などを仲介して契約を結びます。
アグレロは、そのような法的拘束力を持つ契約関しても、専門家の代わりにAIがアドバイスして、ブロックチェーン上で管理することで、専門家の人件費などを削減できます。

◯ SaaS形態を採用
アグレロは、SaaS(Software as a Service)形態を採用しており、アグレロ上に外部のアプリケーションを提携させることが出来ます。
また、契約のテンプレートがあらかじめ用意されており、それを利用することで契約を自動化しています。このテンプレートは、SaaSを利用することで誰でも簡単に必要なものを必要な時だけ追加できるので、他のユーザーが作った契約のテンプレートも利用することができます。
優れたテンプレートの作者は、報酬を受取ることができます。

◯ AIによる契約
アグレロは、一人一人個別にカウンセラーとして働くAIが存在して、AIがスマートコントラクトを管理し、支払いや納期を決定することを目指しています。
煩雑な契約処理を専門家に依頼する必要がなくなるでしょう。

◯ AIによる法的拘束力のある文書
また、AIによりアグレロのスマート・アグリーメント・マークアップ言語というプログラミング言語に翻訳され、ブロックチェーンに書き込まれます。
それと並行して、自然な言葉使いで書かれた法的拘束力のある文書が作られ、デジタル署名されます。この自然な言葉使いの言語は、英語はもちろん、多国語に対応する予定で、誰でも簡単に専門家による契約書を作成できます。

◯ 直感的なUI
UIがグラフィカルで直観的なので、ユーザーは、契約テンプレートを使い、ドラッグ&ドロップで簡単に契約を準備することが可能です。
また、個人間の契約のみならず、企業間の契約作成も助けるプラットフォームを目指しています。

なお、Agrello(アグレロ)とコンセプトが似ている別のプラットフォームとして、イーサパーティがあります。

Agrello(アグレロ・DLT)の将来性は?

【アグレロ・DLT】リアルタイム価格

ロードマップによると、2018年上半期中に最初のデジタル契約プラットフォームの特別版をリリース、雇用契約システムをリリースするとしており、2020年にアグレロ完全版をリリースとあり、2019年の記述が抜けています。

いずれにしても、アグレロの将来性は、AIの進捗次第とも言えるでしょう。特に中小企業、請負受託、フリーランサーなどにとっては、契約にまつわる時間やコスト削減に重宝されるのではないでしょうか。

Agrello(アグレロ・DLT)が買える取引所は?

アグレロ・DLTは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでアグレロ・DLTを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る