コインインフォメーション

Twitterでよく見る”無料配布”や”エアドロップ”にご注意

無料配布にご用心

Twitterで時々見られる「仮想通貨を無料配布します」とか「仮想通貨エアドロップ情報」には、詐欺情報も含まれている場合があるので注意が必要です。
先日も、TelegramのCEOになりすました「無料配布します」というツイートがリツイートされ、結果的に1BTCが詐欺被害で奪われました。
ツイートの内容は

サポートへの感謝を込めて5000ETHと1000BTCをギフトします

でした。
ではどうして詐欺が成功してしまったのでしょうか?大きな要因が二つあります。
◯詐欺ツイートは認証マークが付いたTwitterアカウントから発信されていました。
◯この詐欺ツイートが非常に多くリツイートされてしまいました。
今回のケースでは、まず犯人は最初に「Twitterの認証マーク付きの某アカウントをハッキング」し、表示ネームと顔写真をTelegram CEOと同じものに変更してツイートしたのです。
よくよく見ると、アカウント名はハッキングされた元のままなので見破れるのですが、あの青い認証マークが付いていると何となく信じてしまうという心理を突かれたようです。

そして、この詐欺ツイートを最初にリツイートしてしまった人がいた結果、次から次へと大変多くのリツイートがされてしまったということです。この大量のリツイートが詐欺犯人に、結果的に大量の個人情報(Twitterなのでメールアドレス)を与えるキッカケになってしまいました。なかには、メールアドレスやパスワードを、Twitterやブログや仮想通貨においても全て共通で使い回してしまっていたり、連想されやすいものを使っているユーザーがいるからです。そして、仮想通貨のメールアドレスと結び付いていたり、パスワードを二段階認証で管理していなかった場合に、大事な資産を盗まれてしまうという流れのようです。

詐欺を見抜く力をつけよう

世の中には様々な「無料で◯◯」がありますが、全部が詐欺ではありませんので、賢く見抜く力が必要です。
Twitterでは、青い認証マークが付いていると「公式アカウント」に見えてしまいますが、表示ネームだけではなく、アカウント名をチェックしたり、フォロワー数が少な過ぎたりしないかなど、用心するといいでしょう。
またICOを行なっているよりは、行なっていないロードマップなどがしっかりしたプロジェクトのエアドロップの方が良い場合が多いようです。
そして防御策としては、エアドロップ専用のメールアドレスを作っておき、更にパスワードもプロジェクト毎に個別に違うものを、パスワードジェネレーターなどを利用して使うといいでしょう。

関連記事

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る