コインインフォメーション

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン・BAT)の特徴と購入できる取引所

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン・BAT)の特徴

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン・BAT)は、通貨単位がBATで記され、2017年5月に公開された仮想通貨です。
Mozilla Firefoxの共同創業者のJavaScriptクリエイターが率いてるプロジェクトです。

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン・BAT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ベーシック・アテンション・トークンは、デジタル広告のためのエコシステムプラットフォームで「ファーミング」と名付けられ、独自のWEBブラウザー「Brave(ブレイブ)」において取引きされることになります。

通常ウェブサイトに出てくる広告は、広告主と広告掲載主(サイト運営者)の間に、広告代理店(例えばGoogleなど)が入り、この2者もしくは3者間での広告費の取引きになり、サイト閲覧者は含まれません。
そこで、ベーシック・アテンション・トークンでは、Braveブラウザーを使うことによって、サイト閲覧者にもBATで還元される仕組みにしています。
つまり、サイト閲覧者が、BAT対応のBraveブラウザーで閲覧したデータが匿名で集計され、サイト運営者にデータが提供されその見返りとしてBATで還元されるというものです。

現在のデジタル広告の代表的な問題点を、サイト閲覧者、サイト運営者、広告主の立場から以下に挙げてみます。

◯サイト閲覧者の不利益要素
モバイルデータ通信のおおよそ50%が、広告や計測タグなどののトラッカーに使われていて、金額にすると月に約23ドルの費用がかかっている。
広告は携帯電話のバッテリー寿命を約21%も短くしている。
プライバシーの侵害やマルウェアなどのリスク。

◯サイト運営者の消耗要素
GoogleとFacebookで広告費全体の73%寡占しており、成長率の99%を占めている。
ブロッキングツールやボットなどによる損害。

◯広告主の損失要素
ターゲッティングが適切にされておらず、広告が無視されている。
支払った広告費に対して充分な収益や情報が得られない。

上記問題を、サイト閲覧者はBraveブラウザーを細かく設定する事が可能で、ブロックチェーン技術、スマートコントラクトを利用することにより、非中央集権型でより適切な広告配信とプライバシーの保護、不正や詐欺広告の削減などが可能になることで、3者が理想的な利益配分を得られることになります。

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン・BAT)の将来性は?

【ベーシック・アテンション・トークン・BAT】リアルタイム価格

以前、イーサリアムブロックチェーン、スマートコントラクト広告系のプロジェクトとして、AdEx(アデックス)も紹介しましたが、どちらかと言うとアデックスは広告主とサイト運営者に向けたプラットフォームのようですが、こちらのベーシック・アテンション・トークンは、Braveブラウザーの利用(ダウンロード可能)が前提で、先ずはサイト閲覧者ありき(仮想通貨BATも還元される)の非常にユニークなプラットフォームと言えるでしょう。

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン・BAT)が買える取引所は?

ベーシック・アテンション・トークン・BATは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでベーシック・アテンション・トークン・BATを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る