コインインフォメーション

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド・BTG)の特徴と購入できる取引所

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド・BTG)の特徴

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド・BTG)は、通貨単位がBTGで記され、2017年10月24日にビットコインからハードフォークされました。発行上限枚数は、2100万枚です。

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ビットコインゴールドは「マイニングによる報酬の独占化、中央集権化の解消」を目指してハードフォークされました。

ビットコインゴールドは、ビットコインが本来コンセプトとしている「1-CPU-1-Vote」という原則から逸脱してしまい、ネットワーク参加者がマイニングを平等に行える民主的なシステムでなくなってきた事を背景に誕生しました。
CPU(Central Processing Unit)とはご存知のように、一般のコンピューターに搭載されている集積回路のことです。

ビットコインの中央集権的になってしまった仕組み、つまり、高額なASIC(Application Specific Integrated Circuit )に依存したマイニングを改善するために、香港のマイニンググループである「LightningASIC」によって作られました。

ビットコインゴールドでは、ビットコインのSHA256というアルゴリズムから、Equihashというマイニングアルゴリズムに変更されました。
Equihashとは、ASICは使えなくなるアルゴリズムで、GPU(Graphics Processing Unit)マイニングが可能となっています。
GPUとはご存知のように、コンピュータでの画像や動画の高速処理をするための回路です。

GPUマイニングは、一般の個人でも比較的マイニングに参加することが可能なので、高額なASICを活用する資本があるグループや企業などのネットワーク参加者との格差を減らしましょうという対策になります。

また、ビットコインではマイニングの計算難易度が、2週間に1度の調整でしたが、仮に計算処理能力の高いマイニングツールがビットコインに導入され、ブロックの生成時間が10分未満になってしまった場合、2週間後の調整では、非常に早いペースでビットコインが発行されてしまいます。

そこで、ビットコインゴールドでは、マイニング時間が常におおよそ10分かかるように、マイニングの計算難易度がブロック生成毎に調整されます。

また、ビットコインゴールドは、「プレマイニング」と呼ばれる、最初のブロックに誰がいくら持っているかをあらかじめ記載することで、開発者やその他の参加者が一定量のコインを受け取れるように設定がされていたことが明らかになっていて、一部批判もあるようです。

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド・BTG)の将来性は?

【ビットコインゴールド・BTG】リアルタイム価格

ビットコインゴールドのホワイトペーパーによると、将来的にアトミックスワップの開発とあります。アトミックスワップとは中間業者がいなくても、当事者同士で安全に送金ができる便利な技術のことです。
また、マイニングもビットコインと比べればしやすいということで、世界的に見れば保有・取引したいという需要はあるでしょう。

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド・BTG)が買える取引所は?

ビットコインゴールド・BTGは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでビットコインゴールド・BTGを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る