コインインフォメーション

BitShares(ビットシェアーズ・BTS)の特徴と購入できる取引所

BitShares(ビットシェアーズ・BTS)の特徴

BitShares(ビットシェアーズ・BTS)は、通貨単位がBTSで記され、2014年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、37億枚です。

BitShares(ビットシェアーズ・BTS)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ビットシェアーズは、ビジネスのための分散型金融ソリューションプラットフォームで、ブロックチェーン技術をより高度に用いた分散型自立企業(DAC)や分散型取引所(DEX)の構築を目指しています。このプラットフォームは「ビットシェアーズネットワーク」と呼ばれ、そこで使われるトークンがBTSです。

そして、分散型取引所である「OpenLedger」を運営しており、高いセキュリティー性があります。

ビットシェアーズは取引承認アルゴリズムにDPoS(Delegated Proof of Stake )を採用しており、BTS保有者の投票によって選出された20人前後の承認者によりブロックの生成を行うシステムです。
LiskやSteemなどの仮想通貨もDPoSの仕組みを採用しています。

ビットシェアーズは自立分散組織的(DAO)な運営がされており、以下の3つの役割を持つノードがネットワークに参加することでブロックチェーンの運営が実現されています。

Witness
DPoSの承認によって選ばれたノードで、取引履歴の承認を行います。Witnessには誰でも立候補することができます。

Committee
ブロックチェーンの仕様変更などの提案を行う参加者で、Witnessと同様に誰でも立候補することができます。

Worker
ビットシェアーズの関連サービスの開発を行う参加者で、誰でも立候補することができ、投票可決システムで作業や報酬が発生します。

また、Grapheneという1秒あたり10万トランザクション処理をする為に開発されたブロックチェーン技術で、スケーラビリティの問題を解消しています。

スマートコインと呼ばれる仕組みも取り入れており、例えば、常に1円の価値を持つbitJPYや1ドルの価値を保つbitUSD、常に1ドルの価値を保つbitBTCなどがあります。BTSを担保に、価値のある現物と交換できます。

またビットシェアーズにはReferral Rewards Programというアフィリエイトに似た会員システムがあり、会員になったユーザーは、コード付きのリンクを通じて他ユーザーを紹介することで、紹介されたユーザーが支払う手数料の一部が還元されます。
Basic Account 、Annual Member 、Lifetime Member という3段階のアカウント・ランクがあります。
このシステムはPayPalの事例を参考にしたようで、ビットシェアーズネットワーク参加者を増やすために導入されています。

また、ユーザーは独自に通貨を発行することが可能で、自身の資産の保有や、独自通貨を利用した取引を行うことが出来ます。
また、独自通貨の発行者が手数料プールに一定量のBTSを溜めておけば、自動両替で独自通貨の送金の手数料をBTSではなくその独自通貨建てで送信することができるようになります。

BitShares(ビットシェアーズ・BTS)の将来性は?

【ビットシェアーズ・BTS】リアルタイム価格

残念ながらホワイトペーパーは製作中でしたが、ビットシェアーズは、仮想通貨・ブロックチェーン技術を最大限に活かしつつある、魅力的な金融プラットフォームではないでしょうか。
仮想通貨と法定通貨の架け橋的なスマートコインの存在もあり、近未来型の銀行として要注目でしょう。

BitShares(ビットシェアーズ・BTS)が買える取引所は?

ビットシェアーズ・BTSは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでビットシェアーズ・BTSを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る