コインインフォメーション

BlockMason Credit Protocol(ブロックメーソン・BCPT)の特徴と購入できる取引所

BlockMason Credit Protocol(ブロックメーソン・BCPT)の特徴

BlockMason Credit Protocol(ブロックメーソン・BCPT)は、通貨単位がBCPTで記され、2017年10月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は1億1615万8,667BCPTです。

BlockMason Credit Protocol(ブロックメーソン・BCPT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ブロックメーソンは債務や債権の発行、「Credit Protocol(クレジットプロトコル)」という貸借情報の記録/管理に特化したプラットフォーム開発をメインとする、イーサリアムを基盤とした仮想通貨です。
イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクト機能を利用して、「いつ、どの時点で、誰が、誰に、いくら、債務や債権があるか」をブロックチェーン上に記載することで、ユーザーの「信用」を記録することができるというコンセプトです。

これまでは、融資やローンのような債務債権管理は、顧客ユーザーの信用を管理することに莫大なコストがかかるため、財務に余裕があり信用のある企業でしか行なえませんでしたが、これをブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用することにより、低コストに短期間で、信頼度が高い取引が可能になります。

例えば、「残高一括清算」なども、貸し出す契約の時点で、借り手の残高がいくらになったら自動で返済されるなどと、あらかじめ決めておくこともできます。
これにより、個人間の債権債務管理や、少額での貸し借りなどが実現でき、より経済の活性化につながることが期待されます。

ブロックメーソンのプラットフォームは、これまでの「送金」としての仮想通貨から、債務・債権などの「権利」の取引を低コストで実現させるという、イーサリアムのスマートコントラクトの特徴を活かしていると言えるでしょう。

また、Lndr(レンダー)というブロックチェーンを利用した個人間の債務を管理するアプリがリリースされており(Apple App Store、GooglePlay)、ユーザー間で債務を分割、追跡、決済することができ、1週間あたり2万円相当分までお金の貸し借りの記録や決済ができ、精算はイーサリアムETHで行われます。

また今年2月に、コーラル・ヘルス社(バンクーバー)という医療ヘルスケアの子会社コーラル・ファイナンスと提携し、様々な医療の未払い金問題を解決したり、受診時の身元確認や預かり金の管理を適切に行い、患者、医師、保険会社間の債務や契約について、ブロックチェーン上でのデータ管理をしたり、健康に関するデータを効率的に記録・蓄積・配布し、オーダーメイドな医療を目指します。

BlockMason Credit Protocol(ブロックメーソン・BCPT)の将来性は?

【ブロックメーソン・BCPT】リアルタイム価格

ブロックメーソンは、人々の生活や消費活動、医療環境に寄り添うプラットフォームという事で、特に北米などでは、大衆化する可能性を秘めていると言えるでしょう。
ただし、セキュリティーやウォレット管理は確実に行いたいです。

BlockMason Credit Protocol(ブロックメーソン・BCPT)が買える取引所は?

ブロックメーソン・BCPTは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでブロックメーソン・BCPTを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る