コインインフォメーション

Bluzelle(ブルゼル・BLZ)の特徴と購入できる取引所

Bluzelle(ブルゼル・BLZ)の特徴

Bluzelle(ブルゼル・BLZ)は、通貨単位がBLZで記され、2018年1月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、5億枚です。

Bluzelle(ブルゼル・BLZ)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ブルゼルは、DApps(分散型アプリケーション)の開発者向けに分散型データベースを提供するプロジェクトでDAppsの膨大なデータを保存するデータベースです。
そして企業や個人の未使用なコンピュータストレージスペースを貸し出すことで、貸し手にBLZトークンを付与し、DApps開発者はDAppsのデータを保存して管理させてもらうためにトークン(この場合はBNTというブルゼルシステムを利用するトークン)を使用するという構想のプラットフォームです。

現在、イーサリアムの分散型の開発プラットフォームによって、数多くのDApps(分散型アプリケーション)が誕生していますが、イーサリアムはあくまで開発用のプラットフォームであるために、データを保存するデータベースが必要になるからです。

ブルゼルのホワイトペーパーでは、今現在のオペレーティングシステム(開発プラットフォーム)がWindowsから、近い将来イーサリアムへと分散型の仕様に変遷するように、データベースもOracleから分散型のブルゼルに変遷・移行する必要があるということを伝えています。

また、今現在のクラウドデータベースでは中央集権型の管理システムであるために、例えば管理者がデータを紛失してしまうと全てのデータが消滅してしまうなどの単一の障害原因リスクがありますが、ブロックチェーン技術による分散型データベースでは、保存先を分散させる非中央集権の管理なのでクラウドデータベース以上の高いプライバシーセキュリティと非常に障害発生率が低い事を目指します。

更にメリットとして、集中管理された単一のデータベースに現場からアクセスするよりも、通信コストや処理速度の面で有利となったり、地理的に分散させることにより地震や火災などの被災時のダメージを軽減できます。

既に分散型のデータベース自体は実用化されており、パッケージ型の製品としてGoogleのCloud SpannerやApache Cassandraなどのサービスが一般向けにサービスを開始していますが、管理者が中央集権型になってしまいます。

Bluzelle(ブルゼル・BLZ)の将来性は?

【ブルゼル・BLZ】リアルタイム価格

ブルゼル社は2014年7月にカナダで設立され、当初、金融機関に決済システムを提供していました。
その後、アジア市場の成長の可能性に着目し2016年2月にシンガポールにもオフィスを開設しています。

CEOはPavel Bains氏で、ディズニースタジオにおいて350人の人員と1億5000万ドルの予算を管理するGeneral ManagerとCFOを歴任した経験があるとの事です。

CTOはNeeraj Murarka氏で、Google、IBM、Hewlett Packard、Lufthansa、Thales Avionicsにおいて様々なプロジェクトの開発実績と受賞経験があるとの事です。

ブルゼル社には数々のプロジェクト実績がありますが、2017年4月にOCBC, HSBC, 三菱東京UFJフィナンシャルグループからなるコンソーシアム向けに、イーサリアムベ ースの本人確認ソリューションの構築もしています。

2018年1月には、ICOを完売して、1950万ドル(約21億円)を調達しました。
また、投資ファンド会社Global Brainなどからも投資を受けているようです。

優秀な人材と、数々の実績、信用度の高い企業からのバックアップということで、ブロックチェーン技術の分散型データベースという近い将来必須になりそうな環境は要注目でしょう。

Bluzelle(ブルゼル・BLZ)が買える取引所は?

ブルゼル・BLZは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでブルゼル・BLZを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る