コインインフォメーション

ChainLink(チェーンリンク・LINK)の特徴と購入できる取引所

ChainLink(チェーンリンク・LINK)の特徴

ChainLink(チェーンリンク・LINK)は、通貨単位がLINKで記され、2017年6月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、10億枚です。
ChainLink(チェーンリンク・LINK)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ChainLink(チェーンリンク)は、アメリカのスマートコントラクト社が開発した分散型Oracle(データベース管理システム)のミドルウェアで、ブロックチェーン上に作られるスマートコントラクトと、チェーンの外にある決済システムやアプリケーションなどをつなぐ機能を持つプラットフォームです。

ChainLink(チェーンリンク)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Linkネットワーク
ChainLinkを利用することによって、新たに独自のシステムを開発すること無く、スマートコントラクトが利用可能になります。
元々スマートコントラクトは、オフチェーン(外部)のデータやAPI (Application Programming Interface)といった主要な外部リソースに接続できませんが、Linkネットワークを利用することにより、スマートコントラクトと外部の主要なデータへのアクセスやオフチェーンでの現地決済、その他のAPI機能と安全にやり取りができるようになりますので、より効率的なビジネスを目指すことができます。
イーサリアム、ビットコイン、HyperLedgerの3種類に対応しています。

◯ LINKトークン
特定のAPIの開発者としてChainLinkのノードオペレーターになりますと、報酬としてLINKトークンが支払われます。
また、ChainLinkを利用する際の使用料としてLINKトークンが必要になります。

◯ SWIFTとの提携
ChainLinkはSWIFT(国際銀行間通信協会、Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)と2016年から提携しています。
現在、あらゆる国際決済はSWIFTのクラウドサービスを通じて行われていると言われており、提携後に合同で行われたChainLinkを使ったブロックチェーンの実証実験に成功しました。

ChainLink(チェーンリンク・LINK)の将来性は?

【チェーンリンク・LINK】リアルタイム価格

ChainLink(チェーンリンク)を利用する事で、金融や保険、証券、貿易などなど現実社会の様々な分野で、スマートコントラクトと既存の様々なデータ(マーケットデータ、商品データ、銀行システム、GPSデータなど)を、安全かつ透明性があるのでモニタリングできる形で連動させることができます。

今後、スマートコントラクト技術は、分散型アプリケーション(DApps)でますます実社会に浸透しそうですので、今後もChainLink(チェーンリンク)の提携動向などに注目でしょう。

ChainLink(チェーンリンク・LINK)が買える取引所は?

チェーンリンク・LINKは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでチェーンリンク・LINKを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る