コインインフォメーション

Cindicator(シンディケーター・CND)の特徴と購入できる取引所

Cindicator(シンディケーター・CND)の特徴

Cindicator(シンディケーター・CND)は、通貨単位がCNDで記され、2017年8月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、20億5枚です。

Cindicator(シンディケーター・CND)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

シンディケーターは、金融アナリストの知見とAI人工知能の機械学習を利用したハイブリッドインテリジェンスのプロジェクトで、株式やFX、仮想通貨市場の予測に特化したプラットフォームです。
通貨であるCNDは、ERC-20トークンで、プラットフォーム内の様々な用途で使用されます。

既に以下の3つのサービスがローンチされており、それらが盛り込まれたモバイルアプリCindicatorもリリースされています。このアプリでは、金融市場動向に関する簡単なクイズに予測回答することで AIにデータを蓄積させることができ、予測が当たったユーザーには、報酬の配当もあります。

◯ Collective Intelligence Platform
シンディケーターのプラットフォームはCollective Intelligence Platformと呼ばれ、株式や為替、仮想通貨などの市場を予測するためのプラットフォームです。
Collective Intelligence Platformでは経済市場に関する質問が用意されており、その質問に金融アナリストたちが回答し、その蓄積で人工知能が知識を高めていきます。
蓄積した知識と過去のデータを照らし合わせて、未来予測をする仕組みです。
また、回答者にランキング発表や報酬を与えることによって、回答率が高まるようになっています。

◯ Cindicator Bot
有料サービスで5000 CNDが必要ですが、価格水準や投資判断をする上での指標値を、初心者、トレーダー、専門家のレベルに応じて通知してくれるサービスです。

◯ Cryptometer Bot
有料サービスで100万CNDの保有が必要です。
アービトラージ取引という、取引所ごとの価格差を利用して、利益を出す取引をサポートしてくれるツールです。
金融商品は取引所ごとに取引が行われて、価格が決まっている場合が多いので、取引所間の価格差がよく発生してしまいます。
Cryptometer Botは、各取引所間で価格差が生まれる度に取引を行うことができます。

Cindicator(シンディケーター・CND)の将来性は?

【シンディケーター・CND】リアルタイム価格

シンディケーターは昨年のICOで、予定期間よりも早くおよそ16億円の資金を調達しました。
ロードマップによりますと、2018年第1四半期に1度目の報酬付与、2019年に投資ファンドやクリプトETF、技術基盤の整備などが行われるようです。

2014年位からのプロジェクト構想のようで、既にプロダクトはローンチされていますので、今後は仮想通貨関連のAIへの蓄積と学習が進むことに期待でしょう。資金力のあるユーザーでしたら、Cryptometer Botによるアービトラージ取引も魅力ではないでしょうか。

Cindicator(シンディケーター・CND)が買える取引所は?

シンディケーター・CNDは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでシンディケーター・CNDを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る