コインインフォメーション

CoinPark(コインパーク)取引所はなんと配当100%!?CPトークン取引開始!


CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の予想を兼ねて速報をお送りします。
今回の新設取引所CoinPark(コインパーク)は取引所の収益100%還元(2週間限定でその後90%)される事が公表されています。Fcoinを超える還元率で今話題沸騰中です。
6月30日独自トークンであるCPが取引開始とアナウンスされました。

CoinParkの画面がフリーズ若しくは正常な取引が出来ない場合はwww.coinpark.comからログインしてください。本家テレグラムにて共有されていました。筆者も試して見ましたが軽くなったようです。

★★CoinPark(コインパーク)新規開設ページ★★

CoinPark進捗状況
6月19日:新規受付開始
6月20日:取引所収益100%還元の案内
公式テレグラムadminより:100%還元は2週間の模様、その後90%に調整される
6月21日:BTC,BIX,ETH,ETC,BCH,USDTの入金アドレス公開(ETH送金確認済)
google2段階認証・SMS認証実装
公式テレグラムadminより:今週中6月24日(日)までには取引開始と案内
6月22日:特に大きな発表なし
6月23日:テレグラムadmin:今週中のオープンを改めて発言。
CoinPark Token/CP はオープン後翌日に取引開始とのこと。
プラットフォームが正式に立ち上げられた後、プラットフォームの創設者やチームの紹介などの情報が公式ウェブサイトに掲載されるそうです。
6月24日:テレグラムadmin:本日夜、試験オープン予定。1日~2日試験をしマイニング等のルールを決める。
CoinPark Token(コインパークトークン)が運用ウォレットに追加されました。
β版テスト運用開始されました!このテストには1日~2日かかりその後正式β版開始
日本語に対応しました。右上の国旗から選択してください。
6月25日:出金が可能になりました。
6月26日:1日限定で取引量キャンペーンが始まりました。
6月27日:本人認証が実装されました。認証完了で1日2BTC⇒20BTCになります。
6月28日:29日10-22 CPマイニング開始(CPを直接取引できません。)
6月30日深夜1時よりCP取引開始 取引ペアCP / BTC、CP / ETH、CP / USDT
7月4日:取引再開は7月4日20時からと発表されました。coinparkニュース速報をご覧ください。
7月5日:サーバー過多によるメンテナンス中です。
7月6日:一時資金が0になっていましたが、深夜1時に戻っています。出金も可能のようです。
取引再開は公式のお知らせ欄に記載されるようです。
7月8日:7月9日午前9時に取引再開が発表されました。
7月9日:100%還元は10日の日本時間16時以降に配布されると発表されました。
7月13日:現在、メンテナンス中になっており、再開目途は1週間ほどとなっています。
7月19日:公式が正式に21日日本時間9時に再開する事を発表しました。公式リンク
7月21日:CP取引開始されました。
最新情報は非公式coinoarkテレグラムで共有されています。
現状までの懸念点をページ最下部に記載しました。

CoinPark(コインパーク)の特徴

CoinPark(コインパーク)は先日記事にしましたFCoin取引所とそっくりなホームページの作りで、一見するとFCoin関係者が作ったのかな?と思わせます。

特徴1.CoinPark Token(コインパークトークン)を保有すると取引所収益の100%が配当金でも貰える

一般的な日に、CoinParkはCPを保有するユーザーに配当の報酬としてプラットフォーム収益全体の100%を授与します。1日24時間、1時間ごとにCPアカウントのスナップショットを撮り、各アカウントのクレジット限度額をカウントし、翌日11:00(シンガポール時間)のCP保有者のアカウントに約2〜3時間でボーナス報酬を分配する。

CoinPark公式配当ニュース
上記のようにCoinPark Token(コインパークトークン)はFCoinをさらに上をいく100%の配当金となっており、FCoinトークンに続くバブルになるのではないかと注目されてきています。
また、テレグラム上のadminの話では100%還元は2週間でその後90%になるようです。まぁ当然ですよね。
【7月23日追加情報】
2週間後は手数料還元率が80%に変更され、残りの20%のうち10%がCPトークンの買い戻しに、残りの10%が50000CP以上の保有者に分配されます。
CoinPark Token(コインパークトークン・CP)の割り当て

上記のように40%はもともとCoinPark側やファンドにホールドされています。分配に関してはFcoin同様にマイニングされた量から配分されるので先行者が有利となります。

気になるCoinPark Token(コインパークトークン)の価格ですが、まだ公式な発表はないようです。CoinPark公式テレグラムにも情報がありませんが、FCoinトークン同様に0.00002ETH(約1.2円)ではないかと見込まれます。発行枚数についてもFcoin同様に100億万枚です。

特徴2.世界取引高8位のBibox(ビーボックス)との共同設立


CoinPark(コインパーク)とBibox(ビーボックス)のはっきりとした関係性は発表されておりませんが、新規登録する際はBibox(ビーボックス)のアカウントで新規受付ができ、面倒な情報入力することなくCoinParkを開設する事が可能になっています。

公式テレグラムでは以下のadminとの以下のようなやり取りがありました。

Q.BIBOXとの関係を教えてください。
A.私たちはbiboxとの戦略的パートナーシップを持ち、biboxは私たちに投資しました。
このように、Biboxが技術面や資金面での提供をされている事がわかっています。

さらに、6月20日にBibox公式テレグラムにて以下のadiminとの以下のやり取りがありました。

Q.Coinparkと提携していますか?
A.CoinParkとBiboxの戦略的協力と投資関係です。
これで、CoinPark側が勝手にBiboxの名前を使っているといった詐欺行為はないようです。。

特徴3.CoinParkに投資ファンド「8Decimal Capital」と「NODECAPITAL」が出資している

「8Decimal Capital」はZilliqa、0x、kyberなどに投資をおこなうベンチャーキャピタルで総資産は35億円ほどです。
「NODECAPITAL」はIOSTやTRONに出資している大手のキャピタルになり期待されます。

投資ファンドがFcoin取引所と同じ事からはっきりとした関係性についてはわかりませんが、そこまで遠くない存在であり共存関係にあるのではないかと見ています。
そうでないと、同じファンドが関わり共倒れとなると本末転倒ですからね。

特徴4.取引手数料100%還元


CoinParkのトップページには既に「100% rebate on transaction fees, holding 100% return on CP platform」と表記があります。
日本語に直訳すると「取引手数料の100%リベート、CPプラットフォームでの100%リターン」であり、これもFcoinと同じで売買する際の0.1%の取引手数料を独自トークンであるCoinParkトークンに還元するとのことですのでいつまで続くかは告知されていませんが、売買手数料実質0は大きいですね。

CoinPark(コインパーク)開設手順

CoinPark(コインパーク)取引所では現在のところメールアドレスとパスワードの登録のみで口座開設が可能です。

★★CoinPark(コインパーク)新規開設ページ★★

上記リンクより入場し必要事項を入力します。

Email:メールアドレス
Password:パスワード
Confirm:パスワード再入力

を入力し「Sign up」をクリック、メールアドレス宛にアドレス認証メールが届いていますのでクリックします。

最後にログインができるか確認しましたら口座開設完了です。
本当に最小限の情報入力で口座開設が出来てしまうのでびっくりしました。

色々WEB上で弄ってみましたが、まだ2段階認証は備え付けれていないようですのでβ版オープン後仮想通貨を送金する前にまず2段階認証は必ず設定して下さい。
6月21日google2段階認証が設定可能になりました!

google2段階認証の設定

google2段回認証若しくはSNSでの2段階認証も可能となっていますが、セキュリティー面ではgoogle2段階認証とSNS認証両方とも完了させておきましょう。

ログイン後、上記のロゴをクリックすると「Account infometion」の表示がありますのでそこから入ります。
次に、Warning の赤文字の下に「google Authentication」と表記されているところをクリック

お手持ちのスマホからgoogle認証システムを開きQRコードを読み取ります。
その後上記のようにログインパスワードと認証番号を入力し「Confirm」をクリックし完了です。

6月21日取引所CoinParkウォレットに入金も可能となったようです。

CoinPark (コインパーク)の今後の展望

CoinPark (コインパーク)はまだオープンもされていない段階ですが、期待値は相当高いです。
その根拠となるのがページ前半でお伝えしたBibox(ビーボックス)との関係性です。
Bibox(ビーボックス)の情報でログインできる仕組みが初めからあるということは姉妹企業といっても過言ではありません。
Biboxは今や取引高世界8位に位置する大手取引所です。

ある程度知名度のある取引所との姉妹企業であれば信頼度は高いですし、CoinPark(コインパーク)ではFトークン以上に100%の配当金ですから盛り上がる可能性もありますので今後の情報に注目です。
FCoinトークンは一時期80倍以上の値がつき現在は40倍ほどで落ち着いていますが、普通の感覚だと10倍でも十分ですよね。

★★CoinPark(コインパーク)新規開設ページ★★

【6月21日追加情報】

ご覧のように取扱ペアがわかりました。
最初はCoinPark Token(コインパークトークン・CP)の表示はありませんが、Biboxの取引所独自トークンであるBIXが取引できるようです。
しばらくの間は、BTC/USDTペアなどの通貨で取引し、その取引手数料0.1%分をCPに還元する形でトークンを得る事ができるようです。
あと試しにイーサリアムを0.1ETH(約6000円分)入金しましたが、3分ほどで送金できました。マイイーサウォレットからガス21000で送金して全く問題ありませんでした。

CoinParkの懸念点について

coinparkの新しい情報を探るべく様々なところで情報収集しておりました。
まず、Bitboxとの関係ですが、かなり近い仲ではないかと推測されます。
その訳は、昨日6月25日まではcoinparkとbibox365が同じサーバー内にあり、レンタルサーバーなのかわかりませんが、その他4サイトがサーバー内にありました。
現在は、いつの間にか切り替えたのかテストが終盤になり独自サーバーになったようです。

最重要点として、プラットフォームの創設者やチームの紹介などの情報がほとんど公開されていません。
この状態でも、取引が開始されているのでちょっと怖い感じがします。
流石にbiboxとの関わりがあるのである程度信用は担保されていますが、Fcoinほどの信頼性が感じられないと思っています。

また、coinparkでは自らログアウトしなければ、翌日同じパソコンでサイトを開いた場合であってもログインしたままになっていました。
テレグラムadminに確認したのですが、自らログアウトしなければならない仕様になっているようです。
これはセキュリティー面では最悪に近いのではないかと指摘はしましたが、今後改善される事を望みます。
他の取引所では無操作10分ほどでログアウトされるところがほどんどです。(国内除く)

最後に、スマホでの操作問題です。
もうお気づきの方も多いと思いますが、coinparkのホームページでスマホでログインするとパズル認証が通りません。
これも管理者に問い合わせていますが、4日たってもまだ解決していないようです。
APIで取引する方は問題ないかもしれませんが、流石にいつでもパソコンを持ち歩く訳にはいきませんので、本サービス前には解決してもらいたい問題です。

CoinParkの追加情報

【6月27日追加情報】
KYC(本人認証)が出来るようになりました。
この件でcoinpark管理者に問い合わせたところ、2つ指摘がありました。
➀本人認証をしていない場合、高額な入出金ができない。
認証無し2BTC⇒認証済20BTC

➁出金トラブル時の対応にはKYCを済ませていたほうがスムーズに対応してもらえます。
なお、本人認証には国際パスポートのみで可能であり運転免許証などでは認証できないとのことです。
パスポートがある方はトラブル防止の為にも本人認証(KYC)することを強く推奨します。

【6月29日追加情報】
いよいよ30日1時(29日25時)に独自トークンであるCPが取引開始です。
プライベートレートは1CP=0.00002ETH(1円)だということで3割程度が既に販売されています。
Fトークンとの違いが既に1円で販売されている部分について、ロックがされていませんので売り圧が大きくなる可能性が高いと見ています。
10倍や20倍を狙うのではなく利益が出たら決済される方向が良いかもしれません。

【7月9日追加情報】
取引開始の案内がようやくされたようですが、これまでにETHが出金できない方や、資産状況が一時的にマイナス表示された方など眠れない日々を送られた方が多くいるようです。
筆者もその一人ではありますが、今回ばかりは不振な点が多く故意ではないにしても取引所としての質を大きく毀損した数日だったと思います。

しかし、稼げれば問題ないという考え方もできますが、またセキュリティー面でGOXしてしまうとも限らない状況だとは思っていますので早めに退場を考えています。
KYCは済ませておきましたので、数日様子をみて状況によっては取引所から一旦撤退する事も必要だと感じています。

配当は10日の16時から2時間位かけて配布されるようですので、Fcoinはこの魅力に取りつかれてガチホしましたが、coinparkは上がったところはしっかり利確していこうと思います。

【7月14日追加情報】
coinparkはこれまでの取引所では例を見ないほどサーバーに欠点があったように思えます。
この記事を書いている時点では未だメンテナンス中ではありますが、USDTやETH、BTCは出金が可能のようです。
この多くの人が資金ロックにあっている状態でもテレグラムの方ではまだ値が上がるといった事もささやかれているようです。
私も幸か不幸か「認知度」という点では一気に上がったと思いますし、ビットコインを初め地合いが悪い中、投資を考えているなら主要通貨ではなくcoinparkなどの取引所トークンの方が良いかもしれません。
今は、他のICO上場でもICO割れが当たり前になっている中、取引所トークンは一時的でも10倍~80倍になっている実績がありますので、まだオープンして実質1日であるcoinparkは100%還元である2週間は伸び続けるかもしれません。
ただ、高値掴みは禁物ですよ。1ドルなどの大台では多くの売りが入る恐れがありますのでしっかり底を確認して入るようにしましょう。

今後情報があり次第このページで更新します。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る