コインインフォメーション

Dash(ダッシュ・DASH)の特徴と購入できる取引所

Dash(ダッシュ・DASH)の特徴

Dash(ダッシュ・DASH)は、通貨単位がDASHでしるされ、2014年1月に公開された仮想通貨です。2015年にDarkcoinからDASHに改名されました。発行上限枚数は、2200万枚です。

Dash(ダッシュ・DASH)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

仮想通貨が作られる目的は、主に大きく分けて2通りありますが、現金のように送金などをすばやく決済するために作られた仮想通貨と、イーサリアムやリップルに代表されるように、テクノロジーを元に、様々な用途や目的のためのプラットフォームの提供が目的の仮想通貨の2種類あります。

ダッシュは、承認スピードの速さと匿名性の高さが特徴の決済用の仮想通貨です。
また、マイニングされた報酬の10%を資金に回収して、月末予算案よりも余剰が出た場合には余剰通貨が破棄されるので、発行上限枚数はより少なくなっているようです。

◯ 承認・送金スピードが速い
2015年に導入された「InstantX」という機能で、送金スピード4秒を実現しました。ビットコインでは送金処理にかかる時間は約1時間と言われ、送金詰まりという現象もあったり、イーサリアムだと約2分かかると言われていますので、非常に高速です。
分散されたコンピュータの中から承認用のマスターノードを選び、そのマスターノードに承認作業を行わせることで高速で承認作業をすることができるのです。

◯ 匿名性が高い
ダッシュは匿名通貨として有名です。
ビットコインなど通常の仮想通貨では、利用者のアドレスや送金・受取の流れがブロックチェーン上で公開されている状態ですが、ダッシュでは「Private send(プライベートセンド)」と呼ばれる機能によって、DASHを送受信するときに「管理ノード」で受信したコインを、コインミキシングという方法でシャッフルして受信者に送るという方法を採用しています。
これによって、送信者・受信者の情報及びどのコインが誰に送られたのかなどが、それぞれ非常にわかりにくくなります。

◯セキュリティーに優れる
マイニングアルゴリズムは、11種類のハッシュ関数を組み合わせた「X11」というハッシュアルゴリズムを採用することで、セキュリティを大幅に向上させることを可能にしました。

Dash(ダッシュ・DASH)の将来性は?

【ダッシュ・DASH】リアルタイム価格

2018年4月に東京池袋のマレーシア料理レストランで、日本初のDASH通貨対応店舗ができました。世界中ではDASH対応の店舗は、1000店舗存在するとのことです。

ジンバブエはハイパーインフレが進行して、アメリカドルやユーロなどの信用のある国際通貨と並行してDASHが使われており、ジンバブエの公式通貨を目指して動き出しています。
また、DASHが使える自動販売機もあるそうで、その実力は確かに現金通貨さながらのパフォーマンスを発揮している地域や国もあるようです。

しかし、度々話題にもなってしまってるように、その匿名性が高い特徴から、マネーロンダリングに使われてしまっており、国によっては規制は高まる傾向でしょう。

Dash(ダッシュ・DASH)が買える取引所は?

ダッシュ・DASHは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでダッシュ・DASHを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る