コインインフォメーション

Decentraland(ディセントラランド・MANA)の特徴と購入できる取引所

Decentraland(ディセントラランド・MANA)の特徴

Decentraland(ディセントラランド・MANA)は、通貨単位がMANAで記され、2017年8月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、28億588万6393枚です。

Decentraland(ディセントラランド・MANA)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Decentraland(ディセントラランド・MANA)は、Decentraland(ディセントラランド)と呼ばれる、VR(Virtual Reality、仮想現実)ゲームとブロックチェーン技術を組み合わせたプラットフォームです。
MANAはイーサリアムベースのERC-20トークンになります。

Decentraland(ディセントラランド)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Genesis City Atlas
Decentralandでは、VR空間上の町である「Genesis City Atlas」上の土地を購入することができます。
ユーザーは最初にMANAを購入してバーチャルの土地を入手し、その土地を利用して様々なオブジェクトを空間内に配置したり、街や電車などで決済したり、自由なコンテンツを展開したりすることができます。

非常に似ているゲームとして、2003年にリリースされた米国リンデンラボ社の3DCGゲーム「セカンドライフ」があります。もちろん、こちらはブロックチェーンではありません。
仮想空間を舞台にして自由に第二の人生(セカンドライフ)を楽しむことを目的としたゲームで、仮想の中で、現実と同じようにビジネスや結婚もすることが可能で、独自通貨をゲーム内で使用し、この独自通貨は法定通貨に変えることもできました。これにより、仮想空間の転売で億単位の収入を得たヘビーゲーマーもいたとのことで、「セカンドライフ」で生計を建てていたユーザーもいたようです。

◯ブロックチェーン
Decentralandは、イーサリアムベースのブロックチェーン技術でDecentraland上での土地の購入記録やビジネスの記録などを記載し、分散管理により改ざんなど不可能にしてチートゲームになることを防止しています。

◯ ICOでの資金調達
2017年の8月に行われたICOにて、MANAトークンは、 86,260ETH(およそ27億3,000万円相当)を集めて話題を呼びました。

Decentraland(ディセントラランド・MANA)の将来性は?

【ディセントラランド・MANA】リアルタイム価格

Decentraland(ディセントラランド)のロードマップによりますと、2015年6月からStone Ageと呼ばれる開発がスタートし、2017年のBronze Ageを経て今年はIron Ageとなっておりアバターでのライブチャットやアイテムをカスタマイズできる予定のようです。

非常に目的がわかりやすいプラットフォームですので、Decentraland(ディセントラランド)の進捗状況と、このゲームが流行って普及するかどうかが注目ポイントでしょう。

Decentraland(ディセントラランド・MANA)が買える取引所は?

ディセントラランド・MANAは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでディセントラランド・MANAを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る