コインインフォメーション

district0x(ディストリクトゼロエックス・DNT)の特徴と購入できる取引所

district0x(ディストリクトゼロエックス・DNT)の特徴

district0x(ディストリクトゼロエックス・DNT)は、通貨単位がDNTで記され、2017年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、10億枚です。

district0x(ディストリクトゼロエックス・DNT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ディストリクトゼロエックスは、「プラットフォームを作る」為のプラットフォームです。例えエンジニアでなくても、プログラミングがわからなくても、簡単にプラットフォームを作ることが出来ます。

英語のdistrict (地区の意)を意味する、マーケットプレイスと、コミュニティ形成をするプラットフォームを作ることができるのです。

例えば、AirbnbやUberなどのシェアリングサービスマーケットや、様々なECサイトなどが現在利用されていますが、それらは中央集権的であり、ユーザーから多くの手数料を取って運営されています。
そこで、イーサリアムベースのブロックチェーン技術とスマートコントラクト機能を利用して分散化し、安全でより低コストなマーケットプレイスを、誰でも簡単に運営できることを目指しているプラットフォームです。
そして、0x(ゼロエックス)プロトコルによりすべてのERC-20仕様のトークンが利用できます。

また、ディストリクトゼロエックスは、AragonとIPFSというアプリケーションを利用する事が可能で、マーケットプレイスを、例えば無料のブログサービスやWordpressのようなCMSのように構築することができるのです。

様々なマーケットプレイスと同様に、ディストリクトゼロエックスにも以下の基本機能があります。

◯サイト内検索機能
◯ランキング機能で順位表示
◯口コミやレビューの投稿
◯決算機能と請求書、領収証の発行

DNTトークンは、ディストリクトゼロエックスで発行されているトークンで、任意のdistrict(地区)の自治に参加でき、DNTの保有量に応じて投票権も比例し、意志決定に関する決定権を持ちます。

以下のリリース済みのプロジェクト(district 地区)があります。

◯Ethlance (イースランス)
2017年1月開始で、雇用者とフリーランスや主夫主婦ワーカーの人達などを仲介者無しでマッチングできる、分散型雇用マーケットサービスです。

◯NameBazaar (ネームバザール)
2017年4月開始で、イーサリアムのネームアドレスをオークションで入手するサービスです。

district0x(ディストリクトゼロエックス・DNT)の将来性は?

【ディストリクトゼロエックス・DNT】リアルタイム価格

今後ますます、様々な分野のシェアリングサービスや、個人間での取引や売買などは市場が拡大する予測がありますので、誰でも簡単にマーケットプレイスのプラットフォームを構築できるのは利便性が高いと思います。
ただ、「簡単にできる」の裏腹には、妥協しなければならない機能などがある場合が多いので、より専門分野や細やかな機能が必要なプラットフォームを構築するには、エンジニアは必要でしょう。

district0x(ディストリクトゼロエックス・DNT)が買える取引所は?

ディストリクトゼロエックス・DNTは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでディストリクトゼロエックス・DNTを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る