コインインフォメーション

Everex(エバレックス・EVX)の特徴と購入できる取引所

Everex(エバレックス・EVX)の特徴

Everex(エバレックス・EVX)は、通貨単位がEVXで記され、2017年6月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、2500万枚です。

Everex(エバレックス・EVX)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

エバレックスは銀行口座を持っていなくても、スマートフォンを利用して世界中の人々と、手軽に低コストでの金融取引を可能にすることを目指したプラットフォームです。

イーサリアムベースのブロックチェーン技術を採用しており、高速で低コストな取引を実現しています。また、暗号化した通貨でトークンはERC-20です。

エバレックスが開発されている背景として、世界には銀行に口座を持てない成人人口がおおよそ20億人いるといわれています。
また、国境をまたいだ出稼ぎによる送金が、年間で世界的におおよそ60兆円に上ると計算されています。
そのような人々が日常生活で扱う金額や、出稼ぎによる送金の多くは非常に少額です。
しかしながら、国際送金には例え少額な金額でも高額な手数料と、送金完了までの日数がかかってしまうという実情があるのです。

エバレックスの特徴を以下にまとめてみました。

◯ Everex Wallet (エバレックス・ウォレット)
現在Google Playでダウンロードできるエバレックス専用のモバイルウォレットで、このモバイルアプリを利用することでエバレックスの様々な取引や法定通貨への換金を目指しています。
また、世界中のエバレックスユーザーと直接取引ができます。

◯ マイクロファイナンス
銀行口座を持ってない人々に対しても、マイクロファイナンスやマイクロクレジットが可能になることを目指しています。マイクロファイナンスとは、少金額の貯蓄や融資などの金融サービスです。
取引はブロックチェーン上にスマートコントラクトで記録されるので、第三者の承認を必要とせずに、低コストでスピーディーに融資を行うことを目指します。

◯ キャッシュ・アウト・ステーション
通常は、仮想通貨を換金する場合、換金された法定通貨を最終的には銀行口座に入れる必要がありますが、エバレックスは、仮想通貨をエバレックス内で換金して現金化できることを目指しています。

エバレックスは今後, 世界中にATMを設置することでモバイルウォレットの中にある仮想通貨を、現地の法定通貨に換金するシステムを構築予定です。
現在、タイとミャンマーで実現しています。

Everex(エバレックス・EVX)の将来性は?

【エバレックス・EVX】リアルタイム価格

エバレックスはシンガポール本拠地で、まずはタイやミャンマーなどの東南アジア圏での発展を目指しており、タイのバンコク銀行のプロジェクトに参加しています。そして、アフリカやヨーロッパ進出を計画しており、今年はスイス本拠地の「Lykke Exchange」とパートナーシップを提携しました。

エバレックスはしっかりとした実績もあり、堅実・着実に計画が進んでいるようで、世界的に見れば非常に大勢のマイクロファイナンスを必要としている人々にとっては、まさに待望のサービスと言えるでしょう。

Everex(エバレックス・EVX)が買える取引所は?

エバレックス・EVXは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでエバレックス・EVX購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る