コインインフォメーション

FunFair(ファンフェア・FUN)の特徴と購入できる取引所

FunFair(ファンフェア・FUN)の特徴

FunFair(ファンフェア・FUN)は、通貨単位がFUNで記され、2017年6月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、171億7369万6075枚です。

FunFair(ファンフェア・FUN)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ファンフェアは、イーサリアムベースのブロックチェーン技術とスマートコントラクト技術を利用した、安全で公正なオンラインカジノを目指した分散型のオンラインカジノプラットフォームです。
FUNトークン(ERC-20)は、カジノを開催したり、参加する時に利用します。

以前から、オンラインカジノは多数存在していますが、中には違法なものや、運営会社がゲームにおける乱数を意図的に調整して、参加者が勝ちにくい状況を作るなど、オンラインカジノの公平性は怪しいものもあります。
そこで、自らを「ゲームチェンジャー」と自称する開発者がファンフェアを設立しました。

ファンフェアの特徴を以下にまとめてみました。

◯透明な運営
ブロックチェーンを利用することにより、オンラインカジノで賭け金や報酬、チップ、賞金などで利用されたトークンの送信履歴は全て遡って確認でき、不正なデータの改ざんもできません。
報酬やチップをごまかすことができませんので、ゲーム参加者は安心して、カジノを利用できます。

◯迅速で自動的な送金
スマートコントラクトを利用するので、透明性のある、ゲームの賭け金や受け取り金の処理を自動化し、迅速に送金することができます。

◯ Fate Channel(フェイト・チャネル)
ファンフェアは、「フェイトチャネル」と呼ばれる、公正なランダム環境を作り出す乱数生成システムを利用しているので、透明性が高く参加者の安心に繋がり、公平なカジノになります。

◯ FUNトークン
FUNトークンは、ファンフェア上のオンラインカジノの賭け金、チップとして使い、ゲームに勝った場合は相当分のFUNを受け取ります。
また、ファンフェアはオープンソースなので、プラットフォーム上でカジノゲームを開発した人はFUNトークンで報酬を得ることができます。

FunFair(ファンフェア・FUN)の将来性は?

【ファンフェア・FUN】リアルタイム価格

日本もいよいよカジノやオンラインカジノが合法化される予定であったり、世界的なオンラインカジノの市場規模は2020年にはおおよそ50兆円になるとも言われているようで、毎年伸び率は二桁です。

ロードマップは今年2018年Q1までは確認でき、ベータ版リリースとオフィシャル版リリースとなっています。
なお、ファンフェアの公式サイト「Showcase」で、オンラインカジノのベータ版を見ることができます。

また、オンラインカジノ関係のプラットフォームには、ADA/Cardano(カルダノ)もあります。

ファンフェアは、ベータ版で具体的なカジノゲームのサンプルがいくつか確認できたりと、今のところ着実な様子です。ただ、独自のウォレットなどの準備もあると良いと思いました。
オンラインカジノの成長は、人間の欲に直結しているので、おそらく止まらないでしょう。従いまして、ファンフェアの動向に注目でしょう。

FunFair(ファンフェア・FUN)が買える取引所は?

ファンフェア・FUNは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでファンフェア・FUNを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る