コインインフォメーション

Genesis Vision (ジェネシスビジョン・GVT)の特徴と購入できる取引所

Genesis Vision (ジェネシスビジョン・GVT)の特徴

Genesis Vision (ジェネシスビジョン・GVT)は、通貨単位がGVTで記され、2017年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、約443万6643枚です。

Genesis Vision (ジェネシスビジョン・GVT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ジェネシスビジョンは、ブロックチェーン技術とスマートコントラクト技術を利用して、透明性と信頼性が高い次世代型の投資信託システムのプラットフォームを目指しています。

これまでの投資信託は、透明性が低いことで、以下のような問題点があると言われています。
◯運用が不透明
どのような運用がなされているかわかりにくい。
◯利益が不透明
利益配分がどのように決定されているか公開されていない場合が多い。
◯トレーダーを判別しにくい
信頼できるトレーダーを客観的に選び難い。

上記のような投資信託の問題点を背景に開発されている、ジェネシスビジョンの特徴を以下にまとめてみました。

◯ ブロックチェーン
取引データはブロックチェーン上に記載されるので改ざんされる心配が無く、誰でも閲覧可能なので透明性が高いです。
自分の資産が、何にどのように運用されているか確認できますので、資産運用の中身を把握できます。

従いまして、資産の内容を改ざんする投資家の悪意や、利益を故意に過少にするマネージャーの悪意を防止できます。

◯ スマートコントラクト
スマートコントラクトで、利益配分比率などを事前に設定できますので、透明性があり、迅速に自動配分できます。マネージャーの悪意などを防止できます。

◯ 投資家とマネージャーの相互利益
マネージャーの実績や評価が公開されるので、投資家がマネージャーを選択することができます。
従って投資家は、より効率的なマネージャーに投資を委託することができ、マネージャーは実績を重ねることで投資資金を集めやすくなります。

また、ブローカー(投資の仲介活動ライセンスを持っている会社)は、ジェネシスビジョンのブロックチェーンに記録されたマネージャーの取引履歴を参照して、投資家をリクルートする機会が増えることもあるでしょう。

Genesis Vision (ジェネシスビジョン・GVT)の将来性は?

【ジェネシスビジョン・GVT】リアルタイム価格

ジェネシスビジョンのロードマップによりますと、今年2018年に、ベータ版でのウェブとモバイルの完成、2019年早々にはVersion1.0へと計画されています。

しかしながら、日本を含む先進国の多くが、法定通貨を使って投資信託の運用業務を行う場合、国の然るべき当局などに登録を行う必要があります。
まだ仮想通貨に関してはグレーゾーンとしている国が多いですが、今後、証券投資とみなされるような流れの場合、各国の認可が必要になるでしょう。
ジェネシスビジョンに関しては、各国の仮想通貨をどのように扱っていくかという動向も要チェックでしょう。

Genesis Vision (ジェネシスビジョン・GVT)が買える取引所は?

ジェネシスビジョン・GVTは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでジェネシスビジョン・GVTを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る