コインインフォメーション

Gifto(ギフト・GTO)の特徴と購入できる取引所

Gifto(ギフト・GTO)の特徴

Gifto(ギフト・GTO)は、通貨単位がGTOで記され、2017年12月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、10億枚です。

Gifto(ギフト・GTO)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ギフト(Gifto)は香港に開発拠点があり、例えばYouTubeやInstagramなどの動画や画像コンテンツ配信者に対して、視聴者が直接バーチャルギフトを贈って応援することができるプラットフォームを目指しています。
つまり、視聴者がお気に入りのユーチューバーやインスタグラマーなどに、ギフトで「投げ銭」ができるようになる事を目指してます。

実は、「SHOWROOM」(日本)というライブ動画配信サービスがありますが、視聴者が課金して購入したアイテムなどを、お気に入りの配信者に投げ銭できます。

しかしながら、SHOWROOMに関しては、贈られたアイテムを換金し配信者が収益にするまでに時間が掛かります。また、YouTubeやInstagramなどでの配信者の収益は、どちらかというと広告とのマッチングや広告の再生回数に比例してしまい、コンテンツのクォリティーや評価と必ずしも比例しない事もあります。

ギフト(Gifto)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 視聴者は、応援したい配信者に向けて、「バーチャルギフト」を購入して贈ることで直接応援することができます。

◯ 配信者は広告収入ではなく、視聴者の評価によって報酬を受け取ることができます。

◯ 中央管理者が必要ないので、配信者は直接報酬を受け取ることができ、収益を得るまでに時間がかかりません。

◯ 登録者が2000万人以上の「Uplive」
2016年からスタートしたUpliveはLIVE配信サービスを提供するアプリで、すでに2000万人以上のユーザーと6万人以上の配信者が存在します。
このUpliveで、Gintoのサービスが法定通貨購入で始まっています。
アプリ内でGiftoを購入して、LIVE配信者へGiftoを送ることができます。

現在開発中で目指していることは、視聴者が各SNSの画面上でGiftoトークン(ERC-20)を用いてバーチャルギフトを購入すると、配信者に贈られます。
配信者は贈られたバーチャルギフトを保有もしくは、Giftoトークンに換金して最終的に収益にする事ができます。
バーチャルギフトの価格や贈呈者などの履歴は全て安全で迅速にイーサリアムベースのブロックチェーンとスマートコントラクトで管理されます。

Gifto(ギフト・GTO)の将来性は?

【ギフト・GTO】リアルタイム価格

Gifto(ギフト)の開発は、香港拠点の「Asia Innovation Group」というモバイルエンターテインメントを提供する会社が行なっておりUpliveなど数多くのヒットアプリをリリースしています。

ホワイトペーパーによりますと、今年2018年7月から9月において、Gifto(ギフト)を完全に製品化し、様々なSNSに導入するとの予定です。

現実的に、YouTubeやInstagramなどの巨大なSNSサービスとGiftoが提携できるかどうかは、まだわかりませんが、Asia Innovation Group内のチャットなどSNSアプリだけでも数千万人以上のユーザーが既にいますので、足元はしっかりと固めてある印象です。今年上半期は、取引所への上場も増えており、勢いがある印象です。

Gifto(ギフト・GTO)が買える取引所は?

ギフト・GTOは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでギフト・GTOを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る