コインインフォメーション

注目の草コインで100倍を目指せ!爆上げ狙い銘柄

おすすめの草コイン2018年度版

草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初予定のプロジェクトが進んでいない等、何らかのデメリット要素が多くあるコインであると思っている方も多いのではないでしょうか?
ここの草コイン選定では詐欺コインの疑いがなく、将来有望な草コインを見つけ次第追加します。
草コインの定義を調べてみると、1円以下である事が条件のようですが、1円以上だけどICO割れのようなお得なコインも含まれています。最低限信頼があるコインでないとただの「詐欺コイン」ですので0.01円のようなコインではない事はご了承ください。

コインの紹介の前に選考基準を軽く説明します。
➀上場が3か所以内でバイナンスにまだ上場していない。
➁ホワイトペーパーや公式WEBサイトがきっちり作られている。
➂Twitterやブログなどで悪い情報がない。(海外メディアも含め)
➃取引所に上場後もカンファレンスや進捗状況をこまめに報告している。
➄提携企業が多い事や将来期待が持てるプロジェクトである。

BrahmaOS ブラウマOS


BrahmaOS(ブラフマOS・BRM)は日本であまり注目されていないようですが、当サイトでは草コイン紹介の記念すべき第一号とさせて頂きました。


BrahmaOSの特徴はその名の通り新しい分散型のOS(オペレーティングシステム)になります。
スマホであればandroidやios、PCであればWindowsが有名だと思いますが、それに代わるものがBrahmaOS(ブラフマOS・BRM)となります。

BrahmaOSのブロックチェーン技術によってどんな新しい技術が取り入れられるのかまとめてみました。
1、現行OSでは使用するPCやスマホの検索情報や個人情報などが勝手に盗まれている現状があるがそれをブロックチェーンによってプライバシーが完全に守られる状態になる。
2、オフライン状態でネットワークに安全に繋ぐことができる。
3、分散型なのでデータ書き換えやハッキングされる事がない

以上、BrahmaOSの特徴を並べてみましたが、主にプライバシーとセキュリティーに特化しているOSのように思えます。

さらにBrahmaOSの注目全て点が提携を結んでいるパートナーの面々です。

上記はBrahmaOSのパートナー企業になりますが、どの企業も国を代表するトップクラスであり、外資金融機関にはcitibank(シティーバンク)やHSBCホールディングス(エイチエスビーシーホールディングス)、J.P.Morgan(JPモルガン)といった大手金融機関がこのシステムのバックボーンとなっており期待が大きいです。

さらに、スマホ分野ではHuawei (ファーウェイ)が参画しており、早速下記のようにコメントを出しています。

GoogleとHuaweiの協力によるNexus 6pは、テストに最適です。 Androidの公式ソースコードをよりよく適合させることができます。 Brahma OSは改善と最適化のためのより多くのデバイスでテストされる

今年5月には実際のスマホ端末を使ってテストを行っていることが発表されており、今年にもBrahmaOSを使ったスマホがHuaweiから発売されるのではないかと注目されています。

BrahmaOSホルダーの口コミ

Twitterではお世辞にもBrahmaOSの事をつぶやいている方は多くありません。つまりは、ホルダーが少ないということなので世間が知った頃には大きく価格が上昇するのではないかと見ています。

しかし、公式Twitterでは毎日のように情報発信、進捗状況を報告されており運営陣の本気度が見て取れます。

BrahmaOS ブラウマOSが上場取引所はまだ2か所

上場しているDDEX(分散型取引所)とTOP.ONE(中国の取引所)の現在の価格を見てみましょう。
【2018年6月12日】

どちらの取引所でもBRM/イーサリアムで0.00005(3円前後)で推移しており、ICO段階では5円で販売していたとの情報がありますのでICO割れとなっています。
公式テレグラムでは日本人の関心の薄さからかほとんど日本語での書き込みはなく中国や韓国、英語圏が目立っています。

現在の仮想通貨の地合いが悪い中、さらにBrahmaOSの知名度の低さからか現状の価格で落ち着いていますが、これからプロジェクトが進みスマホの発売も絡んでいけば爆発銘柄となりそうなコインです。

BrahmaOS 公式サイト
BrahmaOS 公式Twitter

現在BrahmaOSが買える取引所はほとんど知名度がない2つの取引所になります。(逆に知名度がない為チャンス)
DDEX 分散型取引所になります。買い方については文章では説明が難しい為非推奨。
TOP.ONE 中国の業者になります。
TOP.ONEについては登録フォームを日本語変換すれば登録自体は簡単にできます。日本人でも開設可能な取引所になります。
バイナンスなどの大手上場を既に終えているコインと違い、これから大手取引所に上場される前に仕込むことが出来るコインの方が圧倒的に有利になると筆者は考えています。

Fcoin(FTトークン)


FTトークンは草コインではありませんが、上場したての取引所の独自トークンであり、今もっともホットな通貨です。
FTトークンの最大の特徴はトークン保持者が取引所売買利益の80%で還元される仕組みです。
いつまでこの還元が続くかわかりませんが、1ヵ月ほど保持するだけで資産が2倍になってしまう驚きの通貨です。
詳しくは下記ページに別途作りましたので是非ご覧ください。

CoinPark(CPトークン)


Fcoinに続き、中国系の新しい取引所が6月末オープンしました。
こちらはFcoin取引所と同じようなシステムで運営される予定で、Fcoinに乗り遅れた方がCoinParkに移動してくるのではないかと言われています。
初期参入組になれればFコイン同様10倍~100倍狙えるチャンスであり、配当系トークンは短期勝負でも長期でも魅力があります。
記事にしていますので下記をご覧ください。

最後に、投資は自己責任のもと行ってください。草コインではローリスク、ハイリターンが見込めますが、投資した大事なお金が0になる事もありえます。
十分に精査したうえで判断されることをお勧めいたします。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る