コインインフォメーション

GXChain(ジーエックスチェーン・GXS)の特徴と購入できる取引所

GXChain(ジーエックスチェーン・GXS)の特徴

GXChain(ジーエックスチェーン・GXS)は、通貨単位がGXSで記され、2017年3月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、1億枚です。
GXChain(ジーエックスチェーン・GXS)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

中国の開発元GXB社がGXChainへ社名変更したことに伴い、 GXChain(ジーエックスチェーン・GXS) は、元々のGXShares(ジーエックスシェアーズ)から改名しました。

GXChain(ジーエックスチェーン)は、様々なデータソースをブリッジで繋ぎ、様々な組織や企業間などのP2Pデータ共有、取引をする為に開発されているブロックチェーン技術の分散型データ交換プラットフォームです。

GXChain(ジーエックスチェーン)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ DPoSアルゴリズム
承認アルゴリズムには、DPoS(Delegate Proof of Stake)が採用されています。
通貨保有者がそれぞれ委任したいマイナーを決める投票権を持つことができ、省電力です。

◯ ダイレクトデータソースが多岐に渡る
ユーザーの様々なニーズを満たすために、ユニオンペイ(中国銀聯・ちゅうごくぎんれん、巨大決済会社)および主要通信事業者が提供するダイレクトデータソースと、将来的には税務当局や社会保障部門およびその他の垂直産業のデータソースに接続されることを目指します。

◯ プライバシーを保護
違法なデータ取引を防止するために、データ所有者の確認が行われたときにのみに、各データのトランザクションが実行されます。

◯ 著作権保護
データ著作権に対する厳重な保護が可能です。
また、追跡をできなくしておりデータの信頼性を保ちます。

◯ 非中央集権型
もちろん中央サーバーはありません。
ブロックチェーンベースのP2P取引を行い、データの独占を排除します。

◯ GXChainDapp
ユーザーはブロックチェーンのIDを作成し、個人情報を管理することができ、データがキャッシュされないために全てのユーザーのプライバシーは保護されます。

GXChain(ジーエックスチェーン・GXS)の将来性は?

【ジーエックスチェーン・GXS】リアルタイム価格

GXChain(ジーエックスチェーン )には、既に100社を超える企業が登録して運用されており、中国の保険業界や銀行からも注目されています。

中国は、国家政策の支援と信用調査システムの段階的な完備によって、消費者金融の禁止が解除され、消費者金融が全国に拡大しましたが、同時に個人情報データの転売などのブラックマーケットも問題になっています。そこで、人口13億人以上の、今後更なるインターネット・ファイナンスの発展と健全な消費者金融マーケットを築く必要があります。

GXChain(ジーエックスチェーン )のホワイトペーパーは、中国語表記でした。(ほとんどの場合英語)
今後は、中国の税務当局や社会保障部門のデータと提携していくかに注目でしょう。

GXChain(ジーエックスチェーン・GXS)が買える取引所は?

ジーエックスチェーン・GXSは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでジーエックスチェーン・GXSを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る