コインインフォメーション

Hcash(エイチキャッシュ・HSR)の特徴と購入できる取引所

Hcash(エイチキャッシュ・HSR)の特徴

Hcash(エイチキャッシュ・HSR)は、通貨単位がHSRで記され、2017年6月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、8400万枚です。

Hcash(エイチキャッシュ・HSR)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Hcash (エイチキャッシュ)は、世の中にあるブロックベースのブロックチェーンとブロックレスベースのブロックチェーンを橋渡しするために、両方の「サイドチェーンになる」ことで、主要なブロックチェーンにリンクして、最終的にすべてのブロックチェーン及びブロックレスチェーン間で価値と情報を交換できる新しいプラットフォームを目指しています。

Hcash(エイチキャッシュ)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Hshare(エイチシェア)からHcash(エイチキャッシュ)へ
開発期間中は「Hshare(エイチシェア)・HSR」で、完成するまでの間Hshareが発行されています。
将来的にHcash(エイチキャッシュ)が完成し、リリースされた10か月間は、HshareをHcashに交換をし、交換期間が終了するとHshareは破棄されます。
また、Hcashの通貨単位名称(略号)は現在未定で、今のところ1Hcash=1Hshareの比率で交換できる予定です。

◯ PoWとPoSのハイブリッド型コンセンサスアルゴリズム
PoW(Proof of Work )とPoS(Proof of Stake )のハイブリッド型のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

◯ 発行上限枚数は8,400万HSR
開発チームとHcashファンドが420万HSR(5%)を保有、ICO以前からの投資家たちが、1260万HSR(15%)を保有しています。
ICOと無料配布の分で2,100万HSR(25%)、
PoWによって2,100万HSR(25%)、PoSによって2,100万HSR(25%)が生成されます。

◯ DAG(有向非循環グラフ)を採用
DAG(有向非循環グラフ)は、ビットコインなどに見られるブロックチェーン技術に潜む問題点を解決しようとして生まれた技術で、新しいトランザクションが発生する時に、前の2つのトランザクションを参照するだけで済むので、通常のブロックチェーンのように承認に必要なデータ量が増えてしまう問題を改善します。

ビットコインなどでは、トランザクションはブロックにまとめられ、ブロックは単一のチェーンにリンクされ、ブロックは線形にリンクされているため、ビットコインが成長するにつれて、ブロックはますます扱い難くなってしまいます。それらはサイズが制限されているので成長に上限があり、ネットワークに伝達される時間がかかり過ぎてしまう場合に、「どのブロックが最後なのか?」という不確実性が増してしまうのです。

◯ ゼロ知識証明
ZKP(Zero Knowledge Proof)、ゼロ知識証明は、証明者が何らかの有用な情報を提供することなく、特定の自己主張(アサーション)が正しいことを検証者に確信させることができます。仮想通貨Zcashの匿名特性をつかさどるコアテクノロジーです。

Hcashでは、意図的にZcashとByteballのアドレスシステムと互換性のある、公開アドレスと非公開アドレスを持つように設計されており、それぞれの通貨であるZECとGBYTEを直接送受信できるようになることを計画しています。

Hcash(エイチキャッシュ・HSR)の将来性は?

【エイチキャッシュ・HSR】リアルタイム価格

Hcash(エイチキャッシュ)は、メルボルン(オーストラリア)に開発拠点があります。
Hcash(エイチキャッシュ)のロードマップによりますと、
2018年Hshare(HSR)とHcashの交換開始
とありましたが、メインチェーンのリリース自体がが遅れていると、今年2月にアナウンスがありました。
2018年Q2
Hcashベータ版の完成。ゼロ知識証明ベースの顧客暗号化通信の使用開始。
2018年Q3
Hcash顧客とByteballとの間の暗号化通信の実装完了。
2018年Q3
Hshare(HSR、エイチシェア)の破棄完了
2018年Q4
ブロックチェーンインフラプラットフォームへのアクセス継続
としています。

昨年2017年6月から7月のICOでは、およそ46億円以上の調達に成功しており、要因はHcashの「サイドチェーン技術」に特に中国人の投資家達が注目した為と報道されています。
やはり今後は、開発計画の進捗状況と、どのような企業や団体がHcashと提携していくかにポイントがあると思います。

Hcash(エイチキャッシュ・HSR)が買える取引所は?

エイチキャッシュ・HSRは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでエイチキャッシュ・HSRを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る