コインインフォメーション

ICON(アイコン・ICX)の特徴と購入できる取引所

ICON(アイコン・ICX)の特徴

ICON(アイコン・ICX)は、通貨単位がICXで記され、2017年9月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、4億23万枚です。

ICON(アイコン・ICX)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

ICON(アイコン)は、「韓国版イーサリアム」と呼ばれ、ブロックチェーン技術とスマートコントラクト技術を実社会で更に活用していくためのプラットフォームを目指しています。

ICON(アイコン)の特徴を以下にまとめてみました。

◯独自コンセンサスアルゴリズム
コンセンサスアルゴリズムは、LFT(Loop Fault Tolerance )という独自のものを採用しており、信頼できるノード間でグループを作成することで、迅速なコンセンサスが促進されて取引が速く行われ、ネットワーク内でのブロックチェーンの分岐を防ぎます。

◯Loop Chain
異なるそれぞれのブロックチェーンコミュニティーは、「C-rep」というノードを通じて、中心核の「ICON Nexus」に繋がれています。このICONネットワークの仕組みを「Loop Chain」と呼びます。

◯マイニング無し
ICXはマイニングされず、C-rep(Community Representative )コミュニティーの協議によって新規発行されます。

◯独自スマートコントラクトSCORE
SCOREとは、Smart Contract On Reliable Environment の略称で、loopchain独自の拡張されたスマートコントラクトです。
スマートコントラクトをブロックチェーンのプロセスに関係なく実行できるので、万一スマートコントラクトに支障が出てもブロックチェーン機能は正常に活動します。
また、更新時のデータ移行が不要のため、スマートコントラクトのデータの更新作業が簡単になります。

◯ ICONick
ICONネットワーク内で使用するウォレットIDのことで、これまでの複雑で長いアドレスではなく、ユーザーがIDを決めることができるので楽にウォレットにアクセスすることができます。
いずれ、ウェブドメインネームのように販売できることも想定しています。

◯ DEX(分散型取引所)
ICONには、DEX (Decentralized Exchange)機能が実装されているので、中央管理者は存在せずにデータや取引のやりとりは直接ユーザー同士で行われます。

ICON(アイコン・ICX)の将来性は?

【アイコン・ICX】リアルタイム価格

ICON(アイコン )は、今年5月にLINEの子会社であるLINE PLUS社とジョイントベンチャー「Unchain」設立を始め、昨年2017年には、ウリ銀行とブロックチェーン、仮想通貨事業の為MOUを締結、SBIリップルアジアと協力関係の構築、金融機関認証システムCHAIN ID開発、韓国国内11証券会社で実用化に成功、韓国政府がブロックチェーン民間企業選定、大学に仮想通貨自販機を設置し実用化に成功、AIONとワンチャンと3社でブロックチェーン技術共同研究を開始するなど着実に社会に浸透しはじめている感じです。

ICON(アイコン)の今後の動向に注目は必須でしょう。なお、EOSやBancor、NEOも類似したプラットフォームを目指しています。

ICON(アイコン・ICX)が買える取引所は?

アイコン・ICXは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでアイコン・ICXを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る