コインインフォメーション

iExec(アイエグゼック・RLC)の特徴と購入できる取引所

iExec(アイエグゼック・RLC)の特徴

iExec(アイエグゼック・RLC)は、通貨単位がRLCで記され、2017年1月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、8699万9785枚です。

iExec(アイエグゼック・RLC)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

iExec(アイエグゼック・RLC)は、イーサリアムベースのブロックチェーンとスマートコントラクトを利用した、企業向け分散型コンピューティングプラットフォームです。

iExec(アイエグゼック・RLC)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 分散型コンピューティングプラットフォーム
iExecは、イーサリアムのスマートコントラクトを用いて開発されたDAppsを利用することで分散型クラウドコンピューティングを可能にするブロックチェーンプラットフォームです。
将来的にますます増加するビッグデータや、AI(人工知能)とML(マシンラーニング)に必要な大きな計算能力などをサポートするフレームワークを用意しています。
余っているストレージやリソースを提供するユーザーと、それらのストレージなどを利用したいユーザーがP2Pで仲介者無しで低価格な利用料で使用できます。

iExecを利用する事で、Amazon Web ServiceやMicrosoft Azure、IBM、Googleなどの大企業に高額な利用料を支払って高度なデータ分析などを行なっていたことが、より安全に低コストで利用できます。
例えば、Amazonのクラウドサービスは、1兆円の売上に対して25%の高利益率とも言われています。

iExec(アイエグゼック・RLC)の将来性は?

【アイエグゼック・RLC】リアルタイム価格

iExecは、IEXEC BLOCKCHAIN TECHというフランス拠点の会社が開発していて、中国にもオフィスがあり、2017年中国で最もクリエイティブな100人に選ばれたHaiwu HE氏が開発者の一人です。

今年2018年5月に、intelとiExecはプライバシー保護のためオフチェーンコンピューティングの共同開発に乗り出しました。両者ともにEEA(Enterprise Ethereum Alliance )のメンバーです。

iExecはintel SGXというアプリケーションコードとデータのセキュリティを強化するために設計されたソフトウェア保護拡張機能を利用することで、分散型クラウドアプリケーションの課題点であるセキュリティー強化を図ることが目的です。

ロードマップによりますと、
来年2019年5月までに、
データプロバイダをターゲットにしてマーケットネットワークに参加できるようにします。
更に広範囲な企業を通してDapps出荷を開始することができるようにします。
異なるリソースプロバイダ間でいくつかの市場ネットワークの直接接続をできるようにします。
とのことです。

なお、iExecと類似のプラットフォームにGolemがあります。

iExecの最新の動向や開発進捗状況、提携情報は頻繁に更新している公式Twitterをチェックするといいでしょう。

iExec(アイエグゼック・RLC)が買える取引所は?

アイエグゼック・RLCは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでアイエグゼック・RLCを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る