コインインフォメーション

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム・INS)の特徴と購入できる取引所

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム・INS)の特徴

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム・INS)は、通貨単位がINSで記され、2017年9月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、5000万枚です。

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム・INS)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム)は、食品メーカー(日用品メーカー)と消費者を、小売店を介さずに直接繋ぐイーサリアムベースの分散型プラットフォームです。

今現在、食品の全体的な売上のおよそ9割は、「小売店業界」が占めていると言われています。
INS Ecosystemは、この現状における食品メーカーの課題を以下のように挙げています。

◯消費者と食品メーカーの間に、小売店や卸し業者の仲介が入るため、商品価格の30%〜50%が価格に上乗せされています。

◯消費者が購入できる食品は、小売店が販売するものに限定されるために、消費者の選択肢が狭くなってしまいます。

◯食品メーカーは売上のおよそ17%ものプロモーションコストを、小売店に扱ってもらうためにかけています。

INS Ecosystemを導入するメリットとして、以下を挙げています。

◯食品メーカーは、消費者へ直接販売できるために、卸業者や小売店を仲介するよりも高い利益率を確保できます。

◯食品メーカーは、消費者と直接関わることができ、消費者に直接プロモーションできます。

◯小売店に対する広告コストを削減できます。

◯消費者側も、食品メーカーから直接商品を安く購入する事ができ、小売店というフィルターがかからないために、商品選択の幅も広がり、メーカーに対する適正な評価を参考に購入できます。

INS Ecosystemの特徴を以下にまとめてみました。

◯ INSプラットフォーム
INSプラットフォームでは、消費者はプラットフォーム上で商品を注文することができ、食品メーカーから直接商品を購入できる仕組みで、メーカーは製品を販売し、消費者に対してプロモーションとロイヤリティキャンペーンの実施ができ、消費者からの評価を得ることができる、分散型のマーケットになります。

◯ フルフィルメント方式
INS Ecosystemでは独自の倉庫業者と契約し、食品メーカーは、その倉庫に商品在庫を納入することになり、INSプラットフォームで注文があると、発送業務は倉庫の従業員が行う仕組みなので、メーカーが個別発送はしません。
アマゾンも似ています。

◯ スマートコントラクトによる評価システム
スマートコントラクトであらかじめ評価にまつわる項目をコード化し、評価が公平に、改ざんややらせ防止で行われます。

◯ 3つの決済方法
「INSトークン」
商品価格 + ほぼ0%の取引手数料
「BTC、ETH」
商品価格 + ガスなどの手数料
「法定通貨」
商品価格 + 2〜3%のカード手数料
ブロックチェーン技術により、法定通貨によって決済をしたとしても、最大3%程度の手数料で決済可能になります。

◯ INSトークンによる食品メーカーのプロモーション
食品メーカーは、INSトークンを利用することで以下のプロモーション活動ができ、製品に関する販促活動から効果測定までを同じプラットフォームで行えることを目指します。

「プロモーション」
事前にINSトークンを預けることで、食品メーカーがアピールしたい顧客に対してスマートコントラクトで自動的にプロモーションが実行されます。

「ロイヤリティ報奨制度」
食品メーカーがファンとなっている顧客に報酬を与えるロイヤリティプログラムを簡単に設定することができ、速やかにスマートコントラクトによって処理されます。

「クロスプロモーション」
異なるメーカーが相互に関係のある商品を販売し、相互に他社の商品のプロモーションを行うことです。 INSでは、クロスプロモーションを行うパートナーを見つけることができます。

「フィードバック」
食品メーカーは、消費者から自社の商品へフィードバックをしてもらうために、報酬としてINSトークンを与えることができます。

「リファラル」
新規顧客の紹介報酬を準備し、INSの普及に貢献したユーザーにはINSトークンを付与する予定です。

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム・INS)の将来性は?

【アイエヌエスエコシステム・INS】リアルタイム価格

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム)は既にベータ版をリリースしており、ロードマップによりますと、今年2018年Q2に消費者向けのアプリ開発、Q3にSDK配布、Q4に正式版ローンチとしており、着実に順調に進行しています。

オンライン食品マーケットの売上は、2015年では世界の上位市場980億ドル(約1兆円)だったところがが、2020年には2900億ドル(約2.9兆円)まで成長する予測があります。

INS Ecosystemは、既に9ヶ国に進出、ユニリーバを始めとした100社以上の大手食品メーカーなどと提携していますので、今後も要注目でしょう。

INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム・INS)が買える取引所は?

アイエヌエスエコシステム・INSは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでアイエヌエスエコシステム・INSを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る