コインインフォメーション

IOTA(アイオータ・MIOTA)の特徴と購入できる取引所

IOTA(アイオータ・MIOTA)の特徴

IOTA(アイオータ・MIOTA)は、通貨単位がMIOTAで記され、2017年6月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、27億7953万283枚です。

IOTA(アイオータ・MIOTA)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

IOTA(アイオータ)は、IoT(Internet of Things、モノのインターネット化)の普及のために作られた仮想通貨で、ブロックチェーン技術ではなくDAG(非循環有向グラフ・Tangle)というシステムを利用した世界初の仮想通貨です。
IoTに不可欠な少額決済(マイクロペイメント)ができることを目指し、大量のマイクロトランザクションの処理と手数料が一切不要になることを目指しています。

◯ 通常ブロックチェーンの課題
通常のブロックチェーンとIoTを組み合わせようとすると、決済処理の遅延や手数料の方が高くついてしまうという課題があります。
IoTは、日常生活における即時の少額決済が多くなるので、通常のブロックチェーンによる分散型の承認システムでは、頻繁な承認者への承認報酬が発生したり、送金詰まりの問題もあり、手数料が高くなってしまいます。

◯IoTの課題
モノをインターネットに繋ぐと、ハッキングされる可能性が高まってしまいます。

IOTA(アイオータ)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Tangle(DAG・非循環有向グラフ)の採用
Tangle(もつれの意)はDirected Acyclic Graphの技術を採用し、「取引履歴の保存方法」に関して、ブロックチェーンの方はネットワーク全体でブロックチェーンを共有しながら取引履歴を保存するのに対し、DAGの方はそれぞれ個人個人が、個別に別々の取引履歴を保存します。
個人個人が送金を行う際に、それぞれの取引履歴を非同期的に管理するという特性があるために、DAGは、ブロックチェーンのような重いマイニング作業を伴う、ネットワーク全体で定期的に取引履歴を確定する動作が必要ありません。
また、個人個人の取引履歴を自身で管理するために、マイニングのように報酬を支払う必要もありませんのでIOTAは送金時の手数料0の実現を目指しています。

現在DAGはまだ実験段階ですが、IoTという日常生活における即時の少額決済が想定されるこれからの社会にマッチする分散型台帳技術のひとつです。

◯高いセキュリティ
IOTA(アイオータ)は取引の度にアドレスや秘密鍵が一回ずつ異なるものに変わるセキュリティに優れた暗号通貨です。

IOTA(アイオータ・MIOTA)の将来性は?

【アイオータ・MIOTA】リアルタイム価格

IOTA(アイオータ)は、今年5月にUNOPS(国際連合プロジェクトサービス機関)とデータ管理における分散型台帳技術で提携しました。2月にはフォルクスワーゲン社と提携し、他にも富士通やマイクロソフト、ドイツテレコム、ボッシュ、アクセンチュアなどの20以上の企業、また台北市とも提携しています。
やはり、IoT関連ということで自動車、家電業界とは相性が良さそうです。またTangleの分散型台帳技術も注目されています。

今後は、IOTA(アイオータ)のDAGを採用しているTangleの進捗状況や、実装しての実験ニュース情報などに注目でしょう。

IOTA(アイオータ・MIOTA)が買える取引所は?

アイオータ・MIOTAは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでアイオータ・MIOTAを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る