コインインフォメーション

Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)の特徴と購入できる取引所

Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)の特徴

Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)は、通貨単位がKNCで記され、2017年9月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、2億2600万枚です。

Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Kyber Network(カイバーネットワーク )は、DEXとICOに参加するユーザー向けの代理支払いサービスを提供する、イーサリアムベースの新しい分散型取引所決済サービスを目指したブロックチェーンプラットフォームで、プラットフォーム内の独自トークンがKNCです。
アドバイザーにイーサリアム創業者Vitalik Buterin氏の名前があることでも知られています。

Kyber Network(カイバーネットワーク )の特徴を以下にまとめてみました。

◯DEXとクロスチェーン
仮想通貨を交換するためのDEX(分散型取引所)として機能するプラットフォームにもなりますので、ユーザー自身のウォレットから直接取引を行い、秘密鍵を取引所に渡す必要が無いので安全性が高いです。
将来的にはクロスチェーンを利用して、別々のブロックチェーン同士の仮想通貨も取引できるようになります。

◯ コインを変換できる決済API
Kyber NetworkのAPIを利用すると、例えば、相手がETHでの受取りを希望している時に、別の違う仮想通貨で支払ったとしても自動的にETHに変換して決済ができます。

◯ リザーブ・ウェアハウス
リザーブ・ウェアハウスにあらかじめ充分なリザーブトークンを準備して、リザーブ・マネージャーと呼ばれるAIがレートを決めていますので、即時取引が可能です。
DEXの高いセキュリティ面を確保しながら、弱点の「流動性の低さ」を解決しています。

◯IEO (Initial Exchange Offering)
指定トークン以外を送ることができ(Kyber Network対応トークンの中で)、例えばETHなどに自動的に変換されます。ただし、IEOを採用するかどうかはICOチームが決めます。
また、1度Kyber NetworkでKYCを済ませておくと、ICOの度にKYCをする必要がありません。

DEXに関連した他のプラットフォーム(仮想通貨)との違いを以下にまとめてみました。

◯ Kyber Networkと0xのDEXの違い
0xはDEXを作るためのプロトコルを提供しているプロジェクトで、一方でKyber Networkは決済システムを構築することを目指しています。
また、0xはオフチェーン、クロスチェーン非対応、取引所に近いイメージで、Kyber Networkはオンチェーン、クロスチェーン対応、販売所に近いイメージです。

◯ Kyber NetworkとBancorのDEXの違い
Bancorプロトコルはコインの流動性問題の解決を目指したプロジェクトで、交換レートは独自の数式で決定します。一方でKyber NetworkではAI(リザーブ・マネージャー)が自動的に決定しています。

◯ Kyber NetworkとAirSwapのDEXの違い
AirSwapのDEXは、P2P取引を目指して、取引価格やレートも全てユーザー同士で決定されますが、一方で、KyberNetworkやBancorではプラットフォーム側(運営側)がレートを決定します。

・Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)の将来性は?
【カイバーネットワーク・KNC】リアルタイム価格

Kyber Network(カイバーネットワーク)は、今年3月にパブリックベータ版が稼働しています。
ロードマップによりますと、2018年4月〜6月にメインネットワークの立ち上げ、トークンとETH間の取引のサポート、MyEtherWallet、Status、Jaxxなどのウォレットプロバイダーとパートナーシップを行い、これらのウォレットにKyber Networkのコア機能を持たせます。7月〜9月に、任意のトークンペア取引をサポートします。10月〜12月に、先進的な金融商品の取引をサポートします。そして来年2019年はじめに、クロスチェーン取引をサポートします。との、予定でした。

また、Kyber Network(カイバーネットワーク)は、ETHLendとの提携をはじめ、様々な相互補完をするプロジェクトとの提携を行なっていますので、今後も動向に要注目でしょう。

Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)が買える取引所は?

カイバーネットワーク・KNCは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるカイバーネットワーク・KNCを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る