コインインフォメーション

Lunyr(ルーナー・LUN)の特徴と購入できる取引所

Lunyr(ルーナー・LUN)の特徴

Lunyr(ルーナー・LUN)は、通貨単位がLUNで記され、2017年3月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、270万3356枚です。
Lunyr(ルーナー・LUN)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Lunyr(ルーナー・LUN)は、イーサリアムベースの分散型投稿クラウドソース型百科事典を目指したプラットフォームです。

現状のインターネット情報には、正しくない間違った内容や悪意のある嘘やデマ、誹謗中傷なども紛れていています。そこで、Lunyr(ルーナー)は正しい情報のみが集積されるシステム、記事を投稿する人やレビューをする人にインセンティブを付与し、広告によって運営することで、次世代型のウィキペディアのような百科事典を目指しています。

Lunyr(ルーナー)の特徴を以下にまとめてみました。

◯記事執筆者
記事を執筆すると、AIによって選出された専門家によって記事がレビュー、チェックされます。信頼性が保証されますと、報酬として「CBNトークン」と「HNRトークン」を受け取ります。
「CBNトークン」は一定期間経過後に「LUN」に変換されます。
「HNRトークン」は、後述する「論争プロセス」でつかいます。

◯ Peer review system(ピアレビューシステム)
AIによって、過去の履歴などから該当記事について知識があると判断された人は、その記事の専門家、レビュワーとして選出されます。
記事をチェックする報酬として、執筆する人と同様に報酬としてトークンを受け取ります。

◯論争プロセス
掲載され公開された後に、記事の内容に関して見直しが必要な場合には、「論争プロセス」によって「HNRトークン」を投票権として使い、記事の修正がなされます。

◯広告主
Lunyr(ルーナー)に広告掲載する人は、LUNを支払います。

現在、オンライン百科事典として大変便利なウィキペディア(Wikipedia)がありますが、課題として、寄付とボランティア、広告無しの運営によって資金・管理維持が厳しいこと、また誰でも記事を執筆・修正できてしまう信憑性の問題があります。
Lunyr(ルーナー)は、上記の特徴によって次世代のオンライン百科事典を目指しています。

Lunyr(ルーナー・LUN)の将来性は?

【ルーナー・LUN】リアルタイム価格

Lunyr(ルーナー )は、今年2018年1月にLunyr百科事典のOpenBeta版をリリースしています。
また、オンライン決済プラットフォームの「Payza」にLunyrも追加されています。

一方で、もし仮に現在のウィキペディアが、世界中で検索されているという優位性を活かして広告掲載を始めた場合には、およそ1700億円以上もの収益を上げる可能性があるという試算もあるようです。

Lunyr(ルーナー)は、「医学や芸術、または財務に携わっている人にとって最適なプラットフォームとなります」、ともしていますので、確かに非常に専門性の高い分野には有効なプラットフォームだと思います。AIを伴った長期的なプロジェクトかと思いますので、進捗状況のニュースなどに注目でしょう。

Lunyr(ルーナー・LUN)が買える取引所は?

ルーナー・LUNは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでルーナー・LUNを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る