コインインフォメーション

松居一代さんが仮想通貨(ミンドル・MINDOL)を購入していたとブログで公表

松居一代さんの最近の出来事

あの何かとお騒がせな、松居一代さんが、「仮想通貨に賭けてみます」というタイトルで、6月6日に自身のオフィシャルブログである、アメブロに書き込みがありました。
「ミンドルさんに賭けてみますね」と、ハートマーク2つ付きで最後の文末に締めくくられていました。

この日のブログには、頂き物とするクリスチャンディオールの非常に高価そうなワインレッドカラーのクロコダイルの長財布の写真を掲載し、「お財布は金運をつかさどる、もっとも大切なものです」と書き出していました。どうやら、ミンドル社からの謝礼のようです。

松居一代さんが買った仮想通貨(ミンドル・MINDOL)とは

仮想通貨ミンドル・MINDOLは、市場規模が約12兆円とも言われる映画や音楽、アニメ、ゲームなどのコンテンツマーケットに一石を投じて、その分野で活躍する日本のアーティストやクリエイターを世界に羽ばたかせるための応援プロジェクトです。

このミンドルのプロジェクトメンバーは、テリー伊藤さんが率いるテレビ番組プロデュース集団「ロコモーション」や、「タッチプラン二ング」という「ZIP!」や「シューイチ」などを制作したアニメコンテンツや声優分野の会社からなり、応援プロジェクトの様々な番組を制作予定です。

また、第一弾目のプロジェクトとして行われる予定のインフルエンサー投票では、2.5次元俳優の中尾拳也さんや、電撃ネットワークの南部虎弾さんを始め、多くの芸能人から流行りのイチナナライヴァー(17 Live認証Liver)まで今後参加予定のようです。

実はミンドルは詐欺の疑いも

◯問題点1 「ハードフォークという表現」
このミンドルのホワイトペーパー https://hajihaji-lemon.com/bitcoin/wp-content/uploads/2018/05/wp.pdf には、
「MINDOLトークンは、XCP(カウンターパーティ)のハードフォークという形式で開発されているため」
という表現の後に、
「トークンセールス後、トークンが配布された時点で(2018 年 6 月 1 日から順次配布 予定)で、国内Zaif取引所やXCPが上場している海外の取引所で自由に売買できます。」
としています。

これは、XCP(カウンターパーティ)という仮想通貨は、「自分で好きな名前を自由にネーミングして、独自の仮想通貨(トークン)を簡単に生み出すことができる」特徴を持っています。
誰でも、それこそ数千円分のビットコインとXCPで、MINDOLのような仮想通貨を簡単に作れてしまいます。

従いまして、ハードフォークという形式で開発されたわけではありません。

◯問題点2 「表現が曖昧」
また、「Zaif取引所で自由に売買可能」と記載がありますが、Zaifの公式ツイッターではミンドルの上場は否定されています。

確かに、ミンドル側は「上場」という表現はしておらず、「自由に売買可能」としています。

このことは、XCP(カウンターパーティ)から作り出されたトークンであるミンドルがZaifのアプリで取引できるという意味でしょう。

しかし、ホワイトペーパーに、このような勘違いを起こす誘発するような惑わす言葉遣いの書き方は非常に問題があると思います。
ですので、SNSなどでこれだけ、「ミンドルは詐欺の疑い」と騒がれても仕方ないでしょう。

金融庁も多忙を極めているのでしょうか。
ミンドル側からの、コメントなどがあると良いと思います。

関連記事

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る