コインインフォメーション

Metal(メタル・MTL)の特徴と購入できる取引所

Metal(メタル・MTL)の特徴

Metal(メタル・MTL)は、通貨単位がMTLで記され、2017年6月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、6658万8888枚です。

Metal(メタル・MTL)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Metal(メタル・MTL)は、栄養補助食品業界や大麻、アダルト業界などクレジットカード決済を導入したくても拒否されているような市場の決済プラットフォームを目指しています。また、決済すると報酬がもらえるプラットフォームプロジェクトです。

Metal(メタル)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 栄養補助食品、大麻、アダルト商品、eスポーツ業界の決済プラットフォーム
Metalは「栄養補助食品(サプリメント)」や「大麻」、「アダルト商品」、「eスポーツ」などのクレジットカード決済をしたくても出来ない市場において決済プラットフォームになることを目指しています。
これらの市場は米国中心に、ほぼ半永久的に伸び続けるであろうと言われています。
また、大麻については国によって見解は違いますが、世界的には嗜好品のひとつとして流通していたり、医療用に使われているということもあります。

◯PoPPコンセンサスアルゴリズム
PoPP(Proof of Processed Payments)というMetal独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。
「処理済みの支払い量」によって報酬が変化するアルゴリズムで、Metalを決済に利用するほど報酬が上がります。

また、PoPPは公平な報酬分配の為に、ウォレット情報に電話番号、パスポート番号、クレジットカード情報、個人の写真などを結びつけますので、報酬目的で個人が複数のアドレスを持つことができなくなっています。

◯個人情報とウォレット情報の紐付け
Metalでは、アドレスや電話番号だけでなくクレジットカード情報、パスポート番号、個人の写真なども登録しますので総合的な個人情報とウォレット情報を紐付けます。
その為に、個人が複数のアドレスを持つことができないようになっています。従って、一部の管理者や利用者によるMetalの独占防止と報酬配布も平等性を保ちます。

また、上述の様に総合的な個人情報をウォレット情報と紐付けしていますので、仮想通貨で日常生活の決済が出来るなど法定通貨と仮想通貨のスムースな橋渡しを目指しています。仮想通貨をまるで電子マネーで支払うような日常的な利用を目指しています。具体的には、電話番号を利用して送金ができます。

◯銀行に直接送金
今年2018年公開のMetalPayアプリを利用することで、近くの銀行に直接送金することができMTLコインを簡単にキャッシュアウトすることを目指しています。
また、国際間送金についても手数料を節約出来るメリットがありますので、企業にとっても銀行レスな送受金が可能になり4から5%の手数料節約を目指しています。

Metal(メタル・MTL)の将来性は?

【メタル・MTL】リアルタイム価格

MetalPayアプリはiOS版がダウンロードできます。
Metalは、アメリカ大手の取引所Bittrex(ビットレックス)に上場していましたが、2018年1月12日に上場廃止となってしまい、現在は取引が行われておりません。
ロードマップも明確なものは公表されていないようです。

ターゲット市場が北米中心のところに、ビットレックス上場廃止は痛手かと思いますが、今後はやはりプロジェクトの進捗状況と提携などのニュースに注目でしょう。

Metal(メタル・MTL)が買える取引所は?

メタル・MTLは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでメタル・MTLを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る