コインインフォメーション

Monero(モネロ・XMR)の特徴と購入できる取引所

Monero(モネロ・XMR)の特徴

Monero(モネロ・XMR)は、通貨単位がXMRで記され、2014年4月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、上限無し(1840万枚発行後に2分毎0.6XMR追加)です。

Monero(モネロ・XMR)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Monero(モネロ・XMR)は、匿名性に優れた送金に特化している通貨で、Bytecoin(バイトコイン)のソースコードを元に開発されています。Monero(モネロ)は、エスペラント語で「コイン」を意味します。

Monero(モネロ・XMR)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Monero概要
Moneroは、2012年7月にリリースされたBytecoin(バイトコイン)のソースコードを基にしています。

Bytecoinは初めて匿名性を重視した仮想通貨で、クリプトナイト(CryptoNight)と呼ばれるアルゴリズムを採用しいるクリプトノート(Cryptonote)という匿名性を活かす技術を採用しているため、他の通貨よりも匿名性が高いと言われています。

Moneroも承認目安時間は120秒とビットコインよりも早いです。またPoWアルゴリズムを採用していますが、マイニングは一般的なパソコンでもできるとされていて、CPUマイニング、GPUマイニングに対応しています。

◯ ステルスアドレス
Moneroは、ステルスアドレスと呼ばれる、送金する際に一時的なワンタイムアドレスを作り、取引をする技術を採用しています。
アドレスは95文字の文字列で非常に長いのが特徴です。また「送金用」と「閲覧用」の2つの秘密鍵を持っており、送金用アドレスは取引毎にワンタイムパスワードが発行されるため、実質1度のみのアドレスになりますので、外部から追跡する事ができなくなっています。
閲覧用アドレスは取引履歴を確認するためのもので、一般には公開されません(公開することもできます)。

◯ リング署名
Moneroでは、リング署名と呼ばれる技術で利用者を複数の公開鍵で署名し、複数の中で誰が本当の送金者なのかを不明にして、複数の署名者の中で誰かが送金者であるということだけは確認できます。
一般的な仮想通貨の取引は、取引履歴はブロックチェーンから特定できますが、Moneroはステルスアドレスとリング署名を組み合わせて取引が追跡できないようになっています。

Monero(モネロ・XMR)の将来性は?

【モネロ・XMR】リアルタイム価格

Moneroは、2016年9月からAlphaBay(ダークマーケット)で利用できる通貨として採用されました。

また、今年2018年4月に、ASIC対策としてMoneroがハードフォークされたという情報が錯綜しています。

非常に匿名性が高い仮想通貨になりますので、日本では金融庁の指導により、コインチェックもMonero、DASH、ZCASHの取扱いは現在行なっていません。

しかし、世界的に見るとやはり匿名性通貨の需要は高く、投資先としても人気は高いです。
Moneroの最新動向は公式Twitterをチェックするといいでしょう。

Monero(モネロ・XMR)が買える取引所は?

モネロ・XMRは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでモネロ・XMRを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る