コインインフォメーション

Monetha(モネサ/モニーサ・MTH)の特徴と購入できる取引所

Monetha(モネサ/モニーサ・MTH)の特徴

Monetha(モネサ/モニーサ・MTH)は、通貨単位がMTHで記され、2017年6月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、4億240万枚です。

Monetha(モネサ/モニーサ・MTH)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Monethaは、イーサリアムベースのスマートコントラクト機能を利用して、迅速で手数料を抑えた取引が行えるP2Pの電子商取引(Eコマース)決済を目指したプラットフォームです。いわば、PayPalのブロックチェーン版とも言えるでしょう。

Monethaの特徴を以下にまとめてみました。

◯ Decentralized Trust and Reputation System(DTRS)
DTRSは、分散型信用評価システムです。
Monethaでは取引が行われるたびに、ブロックチェーンに送受信のウォレットアドレスやトランザクション時間、保証条件、配送時間など様々な信用を確保するのに必要な情報の全てがハッシュ化されて記録されます。
販売者と購入者は、これらの情報を元に相互に問題指摘を出し合い解決をして、相互に評価します。
スマートコントラクトが上記の取引における販売者と購入者の行動を自動で分析し、それぞれの信用レベルを自動でアップデートします。
この結果はブロックチェーンに記録されますので、改ざんや不正のできない透明性があります。

またこの評価は、一つのブロックチェーンで築き上げた信用・評価を、別のプラットフォームで使うことができます。

これまでのEコマースでは、高額な仲介手数料と引き換えに楽天市場やAmazon、eBayなどに登録して信用や評判を蓄積したり、また例えば楽天で蓄積した評判は、Amazonではゼロからスタートしなければならないという課題がありました。

◯ バウチャースマートコントラクト
バウチャースマートコントラクトは、決済の時に MonethaのMTHトークン保有量に比例して割引きが受けられます。
Monethaは、これまでのクレジット決済などと比較して非常に低額な1.5%の決済手数料です。
この内1%がMonethaの収益になり、0.5%が上記の割引きに充てられます。
Monethaを導入することで、販売者側は低額な手数料と即時入金のメリットがあります。

現在、銀行やクレジット決済会社を通したEコマースですと、購入者から販売者までのお金の流れに最大16の手順と、最大15にも及ぶ様々な手数料が加味されて2%から6%の手数料が発生しています。
また、販売者への着金も数日から数週間かかってしまいます。

◯ ロイヤリティプログラム
Monetha決済システムで商品購入がありますと、購入者へ取引額の0.2%がMonethaのロイヤリティプールからMTHもしくはETHで付与されます。
Monethaネットワークの推進度合いにより、0.2%は今後変更の可能性もあります。

Monetha(モネサ/モニーサ・MTH)の将来性は?

【モネサ/モニーサ・MTH】リアルタイム価格

Monethaは、まずはアリババやタオバオが主導している中国のEコマース市場をターゲットにしています。開発拠点は、リトアニアでシンガポールに移転するとのことです。

Monethaのロードマップです。
2018年前期
販売者向けの決済ゲートウェイを開発し、ETHを利用できる分散型信用評価システムを採用した初期バージョンを作成します。

2018年中期
ERC20トークンを利用出来るようにします。また、ETHと法定通貨との交換も可能にします。
販売者向けのスマートコントラクトウォレットやリアルタイム分析も導入されます。

2018年後期
消費者向けのモバイルウォレットを導入し、分散型信用評価システムを改善します。ここで販売者の評定が導入されます。
また、ロイヤリティプログラムを導入します。

2019年前期
分散型信用評価システムを完成させます。世界規模で信頼出来るシステムに成長し、販売者と消費者がともに信頼出来るシステムになります。

2019年後期
分散型信用評価システムに小売販売者の評定が導入されます。ERC20トークンもモバイル決済に導入できるようになります。

将来的に中国で、Monethaを利用したメルカリなどの様な個人売買システムなどが普及していくと、人口の多さからも凄いことになりそうです。
今後は、進捗状況のニュースに注目でしょう。

Monetha(モネサ/モニーサ・MTH)が買える取引所は?

モネサ/モニーサ・MTHは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでモネサ/モニーサ・MTHを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る