コインインフォメーション

NEO(ネオ・NEO)の特徴と購入できる取引所

NEO(ネオ・NEO)の特徴

NEO(ネオ・NEO)は、通貨単位がNEOで記され、元はAntShares(ANS)という名前で2016年10月に公開された仮想通貨で、2017年6月にリブランディングが行われました。発行上限枚数は1億枚です。

NEO(ネオ・NEO)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

NEO(ネオ・NEO)は、「中国版のイーサリアム」とよく呼ばれており、それ一つで完結できるブロックチェーン技術とスマートコントラクトによって、知的財産取引やデータ交換、市場予測、ソーシャルネットワーキングなどの機能、DApps開発を兼ね備えているプラットフォームを目指しています。

NEO(ネオ・NEO)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 開発しやすいスマートコントラクト
NEOでは、JavaScrypt、Python、C、C#、C++など様々なプログラミング言語によって書かれたコードを実行できますので多くの開発者、エンジニアがスマートコントラクト開発に参入しやすくなっています。

イーサリアムはsolidityという独自のプログラミング言語の学習が必要になりますので、参入障壁にもなっていました。

◯ DBFTコンセンサスアルゴリズム
NEOは、コンセンサスアルゴリズムに、独自のDBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)を採用して、マイナーを決定しています。

このDBFTでは、プラットフォームNEOの「NEO」トークン保有者は、まず「bookkeeper」と呼ばれるブロックチェーン上の複数の「承認者候補」達を投票で選出していきます。
そのbookkeeperの中から、ランダムで1人だけブロック生成できる代表者が選ばれます。それ以外の候補者達は、生成されたブロックの妥当性を判断する「投票者」達に変わります。

その生成されたブロックが、投票者達の「66%以上のコンセンサス(合意)」を得ることができると、そのブロックはチェーンに繋ぐことができます。
もし、66%未満の場合は、またランダムにより代表者の選び直しが行われて、投票されるの繰り返しになります。

つまり、「NEO」トークンは、プラットフォーム内でbookkeeper達を選出する投票権と捉えることが言えるでしょう。
また、「GAS」トークンも流通しており、bookkeeperへの手数料や報酬として利用されます。

◯ NEOとGAS
NEOには「NEO」と「GAS」という2種類のトークンが流通しますが、NEOトークンは発行上限1億の50%にあたる5000万NEOがICO公開され、その後は開発運営関係者に資金として配分されていきます。

「GAS」は「手数料」にあたり、NEOでスマートコントラクト開発を行ったり、NEOで開発されたスマートコントラクトを利用する際に支払います。このとき支払ったGASは、NEO保有者やbookkeeperへ配当や報酬として再分配されます。

◯ NEON Wallet
NEO公式ウォレットで、NEOを保有しておくと保有量に応じたGASが分配されます。NEOとGASに対応しています。GitHubでダウンロードできます。

NEO(ネオ・NEO)の将来性は?

【ネオ・NEO】リアルタイム価格

ロシアのイーサリアム、中国のNEO、アメリカのLISKと類似のプラットフォームがありますが、イーサリアムで出てきた課題にスケーラビリティの低下が挙げられます。
これは一つのブロックチェーンで全てをまかなうことから来る弊害ですが、NEOもDBFTで処理速度を速くしてはいますがその様になる可能性があります。LISKはサイドチェーン技術で分散させて解決を図ろうとしています。

今年2018年3月にSwitcheoというネオ(NEO)初の分散型取引所(DEX)が稼働し始めました。基軸通貨はNEOになります。

また、中国における仮想通貨規制が懸念される声もありますが、あくまでICOなどであり、アリババとの提携や百度、WeChatのような大手がNEOをベースにしたブロックチェーン技術は使われていく可能性があります。
なんといっても中国の人口は14億人に到達しようとしています。NEOの今後の開発進捗状況と更なる提携ニュースに注目でしょう。

NEO(ネオ・NEO)が買える取引所は?

ネオ・NEOは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでネオ・NEOを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る