コインインフォメーション

NY証券取引所の親会社ICEが仮想通貨新規事業Bakktの立ち上げを発表

BakktはMicrosoftやスターバックスと提携

昨日8月3日に、米インターコンチネンタル取引所(ICE)というニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社が、仮想通貨に特化した新規事業「Bakkt」を立ち上げることを公表しました。

このBakktは、Microsoftやスターバックス、ボストンコンサルティンググループなどと連携して仮想通貨の統合プラットフォームを創設し、完全なグローバルネットワークによって、個人投資家や機関投資家などによるデジタルアセット(仮想通貨)の売買や貯蓄などができることを目指していこうとしています。BakktはMicrosoftクラウドシステムを利用して、仮想通貨における法的規制に則ったグローバルなエコシステムで、ニューヨークと実社会経済と仮想通貨を結ぼうとしています。

インターコンチネンタル取引所(ICE)の構想

このインターコンチネンタル取引所(ICE)のBakktは、ビットコインなどの仮想通貨をUSDに交換して実店舗でプリペイドカードのようにして利用できるサービスも考えており、ビットコインや他の仮想通貨などを実社会経済へ進出させる期待があります。
ICEは、スターバックスなどの小売り業種がデジタル資産を受け入れていく支援をしていくとのことで、スターバックスは既に提携合意しているとのことです。ビットコイン先物商品を上場するだけではなく、仮想資産の管理も直接行なうことも目指しています。

ICEは昨年の12月時点では、ビットコイン商品の上場を急がない方針を示していたようですが、着々とBakkt構想で仮想通貨市場への参入に向けて動いていたことになります。
ICEの会長兼CEOのジェフリー・スプレッチャー氏は、「ビットコインが最初の世界通貨に発展する潜在性がある」として、フォーチュン誌のインタビューに答えているとのことです。

もしBakktが、米国の先物取引委員会によって2018年11月に承認されて、実社会経済への導入が成功した場合には、これまでのアセットマネージャーのみならず広く若い投資家をも魅了させて活性化を図ることを期待されます。

ICE概要

インターコンチネンタル取引所(Intercontinental Exchange)のことで、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しています。
2000年代に入って次々と米国の取引所を買収しており、2013年に取引所運営会社のNYSEユーロネクストを買収し、世界最大の株式市場であるニューヨーク証券取引所を傘下に収めました。
アメリカ合衆国のジョージア州アトランタに本拠地があり、エネルギー関連や農産物、貴金属、排出権、株価指数、外国為替、金利、CDSなど、多様なデリバティブ取引(先物・オプション等)を主力とする電子取引所や取引所の運営会社です。

取引所のモンスターが、仮想通貨に参入ということは、2018年11月なのかどうかは別にして承認と実現されるのは時間の問題のような気がします。もしかしたら、1年前の年末のような高騰劇があるかもしれません。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る