コインインフォメーション

Nuls(ナルス・NULS)の特徴と購入できる取引所

Nuls(ナルス・NULS)の特徴

Nuls(ナルス・NULS)は、通貨単位がNULSで記され、2017年9月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、4000万枚です。

Nuls(ナルス・NULS)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Nuls(ナルス・NULS)は、スマートコントラクトやマルチチェーン、クロスチェーン・コンセンサスを利用して、柔軟性の高いカスタマイズ可能なブロックチェーンと企業がオリジナルなDAppsを開発できるプラットフォームを目指しています。

Nuls(ナルス)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 参入しやすいスマートコントラクト
Nulsのスマートコントラクトは、専門的なプログラミングの知識がなくても、多くのエンジニアがアプリケーションを分散型ネットワークに導入することができる仕様になっています。

◯ マルチチェーン
マルチチェーン機能で、Nulsのメインブロックチェーンに自由に繋ぐことができるサイドチェーンは自由にシステムを組み合わせた分散型アプリケーションが導入されているブロックチェーンになっています。

◯モジュール
Nulsは、スマートコントラクト、マルチチェーンシステム、クロスチェーンコンセンサス(実装予定)をそれぞれがカスタマイズ可能なモジュールに分けていることで、使いたいブロックチェーンを自由に繋ぎあわせることができる柔軟性があり、様々な企業がブロックチェーン技術を導入しやすくなる仕組みになっています。

◯ PoCコンセンサスアルゴリズム
Nulsは、 Proof of Credit(信用の証明)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。
「クレジットスコア」と呼ばれる成績で承認作業の報酬を得ることができる仕組みで、これまでの正しいブロック生成成功実績と失敗実績を加味されて算出されます。より最適な承認者を探します。

◯NULSトークン
NULSトークンは、Nulsネットワーク上で取引手数料や開発サポート、アプリケーションのやり取りに利用されます。またNULSを購入すると、開発者やプロジェクト作成者はプラットフォーム上のサブチェーンを登録する事ができます。

Nuls(ナルス・NULS)の将来性は?

【ナルス・NULS】リアルタイム価格

Nuls(ナルス)はサイドチェーンも導入していることから、「シンガポール版LISK」といったところでしょうか。
中国高度産業研究協会ブロックチェーン産業連盟が開催した「ブロックチェーン産業の優秀選考活動」において、優秀賞を受賞しています。
メインネットは今年3月に公式テストを開始しています。

ロードマップによりますと、2018年下期は、
スマートコントラクトは3つのプログラミング言語をサポートします。
3つ以上のアプリケーションを実装します。
ブロックチェーンブラウザ、eウォレット、モバイルワイドスマート契約仮想マシンコンパイラ、開発ツール、多言語アダプタなどのメインチェーン全体のエコシステムを改善します、とのことです。

Nulsのような汎用性が高いプラットフォームは、やはりマーケティング・営業力にかかってくる面が大きいと思われますので、今後の開発進捗状況と提携する企業や組織のニュースに注目でしょう。

Nuls(ナルス・NULS)が買える取引所は?

ナルス・NULSは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでナルス・NULSを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る