コインインフォメーション

OmiseGo(オミセゴー・OMG)の特徴と購入できる取引所

OmiseGo(オミセゴー・OMG)の特徴

OmiseGo(オミセゴー・OMG)は、通貨単位がOMGで記され、2017年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、1億4024万5398枚です。

OmiseGo(オミセゴー・OMG)のホワイトペーパー

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

OmiseGo(オミセゴー)は、東南アジアで展開されているイーサリアムベースのブロックチェーンとスマートコントラクトを利用したP2Pオンライン決済システムプラットフォームです。
OMGトークンはERC-20です。

OmiseGo(オミセゴー)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Omise
Omiseは2013年にタイのバンコクを開発拠点として設立され、東南アジアを中心にオンライン決済システムを提供しています。日本人起業家の長谷川潤氏が立ち上げました。
Omiseは、タイにおいては3分の2のモバイル会社がOmise決済サービスを使っているというほど普及しています。
このOmise決済システムにより、銀行口座を持たなくても簡単にモバイル端末同士で送金ができるようになり、店舗でもコインを通貨として支払うことができるようになりました。

Omiseが設立・普及された背景には、タイを始め東南アジアでは銀行口座を開設するのにもお金がかかるなど、銀行口座を開けない人やクレジットカードを持てない人が非常に多く存在します。一方でそれに比べてスマートフォンは普及が進んでいるということがありました。

◯ OmiseGOブロックチェーン
OmiseGOは「OmiseGOブロックチェーン(OMGブロックチェーン)」を基盤としており、OmiseGOのユーザーはこのブロックチェーン上でコインのやりとりをします。
流通経路によって様々な決済ネットワークを介した取引を行うときの、手数料や時間を削減するために開発された独自のブロックチェーンです。
OmiseGoのネットワークを使えば、国や金融機関をまたいでも迅速で手数料を抑えた送金や決済ができるようになります。

◯ イーサリアムブロックチェーンとの連携
OmiseGOは、全ての取引の媒介としてイーサ(Ether)を利用することによって様々な仮想通貨やトークン間での取引に対応できるイーサリアムブロックチェーンを利用し、決済はOmiseGOのブロックチェーンで行うように連携して様々なコイン間での迅速な取引を可能にしています。

◯ホワイトレーベル
OmiseGOは特定のブランドに属さないホワイトレーベルのデジタルウォレットで、完全に裏方としての役割になりますのでユーザーは利用している決済サービスがOmiseGOにより提供されていることをほとんど意識しません。
裏方に回ることで、決済サービスを導入しようとする企業は、自社ブランド名の決済サービスの導入ができますので、OmiseGOのサービス導入のハードルを下げています。

OmiseGo(オミセゴー・OMG)の将来性は?

【オミセゴー・OMG】リアルタイム価格

Omiseは早くからタイを拠点にしてシンガポールやインドネシア、日本などでもビジネスを拡大中で、SBIやSMBC、アセンドキャピタルといった大手企業からも出資を受けています。
また、アジア最大手電子マネープロバイダーTrueMoney(利用者2000万人以上)との協業やタイ政府機関ETDAと国民ID台帳で提携、マクドナルドタイと事業提携しており実際に決済もできます。

また、昨年2017年Forbes Japan誌におけるBest Startups Top10でCEO長谷川潤氏は8位に入りました。

今後は、提携先拡大のニュースなどをOmiseGo公式Twitterなどでチェックするといいでしょう。頻繁に動向がツイートされています。

OmiseGo(オミセゴー・OMG)が買える取引所は?

オミセゴー・OMGは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでオミセゴー・OMGを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る