コインインフォメーション

Ontology(オントロジー・ONT)の特徴と購入できる取引所

Ontology(オントロジー・ONT)の特徴

Ontology(オントロジー・ONT)は、通貨単位がONTで記され、2017年10月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、10億枚です。
Ontology(オントロジー・ONT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Ontology(オントロジー・ONT)は、開発が中国版イーサリアムと呼ばれるNEOと同じOnchain社で(運営は別会社)、NEOのネットワークを利用したブロックチェーンプラットフォームで、信頼やアイデンティティ、認可、データ交換に主眼を置いた、異なるアプリケーションに違うパブリックブロックチェーンをカスタマイズすることができるプロジェクトです。
ONTはNEOベースでNep5規格トークンです。

Ontology(オントロジー)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 企業向けパブリックブロックチェーン
Ontologyは、取引機能を持つブロックチェーンに「プラスアルファ」となる部分のブロックチェーンを付与したい企業をサポートします。
それぞれの企業やチームが研究開発を行っている細かい機能の部分です。
Ontologyブロックチェーンフレームワークは、業界固有のモジュールを組み合わせたブロックチェーンで、クロスシステムなど様々なものを組み合わせて管理できますので、全て信頼出来るネットワークで保護されており使いやすさとセキュリティに優れています。

また、実績のあるNEOの信頼性と拡張性のあるスマートコントラクト機能を持っていますので、社会インフラとしての実用性が高いです。
Ontologyは、開発しやすいプログラミング言語を採用したNEOをベースに開発されているために、多くのエンジニアが開発し易く、柔軟性に富んでいます。

◯ ONTトークン
OntologyはICOではなく事前にニュースレターに登録したメンバーにのみそれぞれ1000 ONTがエアドロップ(無料配布)されました。
また、2018年3月にはNEO保有者へのONTエアドロップが行われました。
そして、NEOカウンシル(評議会)がONT全供給量の10%を保有しています。

◯ Smart X
「Smart X」と呼ばれるスマートコントラクトツールで、CLI(Command Line Interface)機能やWebSocket購読機能、イベントプッシュフィルター、新しいWasm API、スマートコントラクトの実行前処理、VM間の相互運用性などが付与されています。
そして、スマートコントラクトの開発言語としてPythonとNeoVM-based C#に対応し、今後はGithubのようにユーザー参加機能を実装する予定です。

Ontology(オントロジー・ONT)の将来性は?

【オントロジー・ONT】リアルタイム価格

Ontologyのロードマップによりますと、2018年には「チェーンネットワーク」分野ではシャーディング、「トラストエコシステム」分野ではONTトラストサーチエンジンのリリースなどが挙がっています。

また今月6月にメインネットと新ウォレットがリリースされるとのことで、公式ブログやTwitterをチェックするといいでしょう。

Ontology(オントロジー・ONT)が買える取引所は?

オントロジー・ONTは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでオントロジー・ONTを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る