コインインフォメーション

Populous(ポピュラス・PPT)の特徴と購入できる取引所

Populous(ポピュラス・PPT)の特徴

Populous(ポピュラス・PPT)は、通貨単位がPPTで記され、2017年4月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、5325万2246枚です。
Populous(ポピュラス・PPT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Populous(ポピュラス・PPT)は、P2Pでグローバルなインボイスファイナンスが出来るスマートコントラクトを利用したプラットフォームです。
インボイスファイナンスは、特に中小企業などがお金を集める手段の一つの売掛金担保融資のことで、企業の未回収の売り掛け金を担保に融資をすることです。

Populous(ポピュラス・PPT)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ オークション形式
企業が出品したインボイスは、オークション形式で値段が付きます。出資者がオークション形式で値段を決めますので、市場原理に基づいていると言えます。
また、出資者が自由に購入でき、P2Pですので第三者機関への手数料もかかりません。

◯ Poken
Pokenと呼ばれる通貨がPopulousプラットフォームでは利用されます。
Pokenはインボイス取引に関わる国の通貨と同じ価値を持つペッグ通貨にあたり、法定通貨に対して1:1になります。
Pokenは出金時に、法定通貨や他の仮想通貨に替えることができます。

◯ XBRLとAltman Z-scoreのハイブリッド
XBRLはExtensible Business Reporting Languageの略で、「拡張可能な事業報告言語」という意味です。財務諸表などのビジネスレポートを電子文書化することでそれらの作成の効率化や比較・分析などのデータを国際的に標準化して、過去の財務データを分析し、信用リスクなどの分析をします。

使用言語や法定通貨が異なる企業間でも、国際的なインボイス取引がこのXBRLとPokenで実現します。

また、Altman Z-scoreと呼ばれる信用リスク評価も採用しています。
Altman Z-scoreは1968年にエドワード・アルトマン氏が発表した、流動性指標、収益性指標、レバレッジ、回転率を基にして、企業の倒産の可能性を分析する手法です。

Populousは、これら2つの信用リスク分析を組合わせて企業の信頼性の指標を出しますので、インボイス取引において投資家をサポートしています。

Populous(ポピュラス・PPT)の将来性は?

【ポピュラス・PPT】リアルタイム価格

インボイスファイナンスの市場規模は、2兆3500万ユーロ(約256兆6343億円、前年比6%増)を超えて、3兆ドル (約337兆500億円)に達すると予測されている(2014年)調査もあるようです。

従いまして、インボイスファイナンス系のプラットフォーム(仮想通貨)はPopulousの他にも数種類あります。

Populousの今後は、開発進捗とどのような企業と提携するかのニュースがポイントになるかと思いますので、公式Twitterをチェックするといいでしょう。

Populous(ポピュラス・PPT)が買える取引所は?

ポピュラス・PPTは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでポピュラス・PPTを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る