コインインフォメーション

Quantstamp(クアントスタンプ・QSP)の特徴と購入できる取引所

Quantstamp(クアントスタンプ・QSP)の特徴

Quantstamp(クアントスタンプ・QSP)は、通貨単位がQSPで記され、2017年10月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、9億7644万2388枚です。

Quantstamp(クアントスタンプ・QSP)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Quantstamp(クアントスタンプ・QSP)は、イーサリアムネットワーク上のスマートコントラクトに存在するバグなどの脆弱性を低コストに監査するための検証プロトコルプラットフォームです。QSPはERC-20規格です。

The DAO事件という2016年6月にイーサリアムのDAOというプロジェクトで、当時360万イーサ(ETH)が盗まれたハッキングがありまして、仮想通貨やブロックチェーン業界全体にマウントゴックスに続く大事件となった経緯から、Quantstampは設立されました。

Quantstamp(クアントスタンプ)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ スマートコントラクトの脆弱性を監査
Quantstampのユーザーは、脆弱性をテストしたいスマートコントラクトを自動テストすることができます。QSPトークンを支払います。
自動テストをすることで、スマートコントラクトの深刻なバグを未然に防ぐことを目標としています。
そのスマートコントラクトを実際に使用する前に、
自動でテストしてセキュリティーチェックを行うことで安全性が格段に向上します。
現在は、The conflict-driven distributed SAT Solverというアルゴリズムでの自動テストと、手数料がかかる手動テストで監査しています。

◯ 3者間の監査ネットワーク
Quantstampの監査ネットワークは、開発者、投資家、ユーザーの3者からなる検証者で構成されています。
この監査ネットワークによって、スマートコントラクトの脆弱性に関する自動チェックが可能でバグを発見した検証者には自動的に報酬を支給します。

また、QSPトークンを使用すると、プラットフォームを完全に分散して動作させることができます。検証者ノードには計算コストが提供されて、脆弱性を発見した報酬を受けることができます。

◯ 監査証明
Quantstampの利用者は、QSPトークンを支払うことで、監査証明を受けることも可能です。監査証明とは、Quantstampによる自動テストを通過したという安全性の保証のことです。
また将来的に、バグがあった場合に損失を補填する保険業界との連携も視野に入れてスマートコントラクトの安全補償を目指しています。

Quantstamp(クアントスタンプ・QSP)の将来性は?

【クアントスタンプ・QSP】リアルタイム価格

Quantstampはアメリカ・サンフランシスコが開発拠点で、Y CombinatorやBlockfolioなどからの出資、またサッカー日本代表本田圭佑氏の個人ファンドKSK Angel Fundからも出資を受けているようです。

Quantstampのロードマップによりますと、
2018年7月に、テストとインセンティブ調整の数ヶ月後にメインネットのトークン所有者投票を保持する。
8月に、メインネットver1をリリースする。
9月に、メインネットver2のBFT( ビザンチン・フォールトトレランス)による分散型SATコンセンサスの作業を開始する。
10月に、スマート契約保険のアルファ版製品をメインネットスマート契約に追加する。
となっています。

Quantstampはブロックチェーンとスマートコントラクトのセキュリティ監査はまだとても未成熟の段階としており、今後需要が増すニッチな分野と言えるでしょう。
Quantstampの提携や請負い情報、また保険業界との提携動向などは公式Twitterをチェックするといいでしょう。

Quantstamp(クアントスタンプ・QSP)が買える取引所は?

クアントスタンプ・QSPは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでクアントスタンプ・QSPを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る