コインインフォメーション

Raiden Network Token(ライデンネットワークトークン・RDN)の特徴と購入できる取引所

Raiden Network Token(ライデンネットワークトークン・RDN)の特徴

Raiden Network Token(ライデンネットワークトークン・RDN)は、通貨単位がRDNで記され、2017年11月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、1億枚です。

Raiden Network Token(ライデンネットワークトークン・RDN)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Raiden Network Token(ライデンネットワークトークン・RDN)は、イーサリアムのスケーラビリティ問題を改善する為に、ビットコインでのLightning Networkにあたる存在で、高速に低コストで安全な送金や支払いの実現を目指したプラットフォームです。RDNはERC-20規格です。

Raiden Network Tokenの特徴を以下にまとめてみました。

◯ Payment Channel(オフチェーンチャネル)
Raiden Networkは、二者間のトランザクションをその都度記入するのではなく、オフチェーンのチャネル上で仮の取引を積み重ねて、決済の瞬間にトランザクションの確定した結果のみをイーサリアムのブロックチェーンに書き込みますので、トランザクション処理スピードとスケーラビリティが向上します。
この技術により、チャネル内のユーザーは、コインを迅速に大量に取引できます。

通常イーサリアムでは取引の都度、手数料がかかりますが、Raiden Networkを利用するとこのチャネルを開設する時の手数料と、全ての取引が終わり終了してチャネルを閉じる時の手数料のみの発生ですのでエコです。
デポジットと呼ばれる保証金の役割はネットワークにロックする必要があります。

また、チャネル同士をリンクしてネットワークを形成することで、二者間のみならず他のチャネル上の誰とでも取引ができます。

この仕組みはビットコインにおけるLightning Networkに近いものになります。

◯ 2種類の手数料
上記のチャネルの開設時と閉設時に「プロトコルレベル手数料」が発生します。この手数料は少額で、チャネル内で取引されるトークンで支払います。プロトコルレベル手数料を支払うことでチャネルを開設し、チャネルが閉じないようにロックして維持します。ステートの確定時にもう一度手数料を支払い、トランザクションを処理します。

次に「ペリフェラル手数料」は、ネットワーク内の様々な有料サービスを利用する際にかかる手数料のことでRDNトークンで支払います。
例えば、オフラインでチャネルを監視したり、ある特定の人物のネットワーク経路を検索できるサービスを利用する時などです。
逆にユーザー自身がこれらのサービスを提供すると報酬として手数料を受け取ります。

◯ μRaiden(マイクロライデン)
μRaiden(マイクロライデン)は、Raiden Networkの簡略版でRopsten Testnetに実装されています。
こちらも、少額決済に利用できますが簡略版なので、1つのチャネルは例えばAさんからBさんへの一方通行の取引になります。2つのチャネルを開設すると双方向になります。

Raiden Network Token(ライデンネットワークトークン・RDN)の将来性は?

【ライデンネットワークトークン・RDN】リアルタイム価格

昨年2017年のRaiden NetworkのICO計画に対して、イーサリアム共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏を含むイーサリアムコミュニティは、資金調達は他にも方法があるとして苦言を呈していたことで話題になりました。

Raiden Networkの進化系として「Raidos」を構築することを目指しており、あらゆるスマートコントラクトを、オフチェーンで実現させるとのことです。

スケーラビリティ改善系のプラットフォームはライバルも多いので、着実な開発進捗や提携ニュースが欲しいところです。
Raiden Networkの今後の動向は、公式TwitterやGitHubをチェックするといいでしょう。

Raiden Network Token(ライデンネットワークトークン・RDN)が買える取引所は?

ライデンネットワークトークン・RDNは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでライデンネットワークトークン・RDNを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る