コインインフォメーション

Ripio Credit Network(リピオクレジットネットワーク・RCN)の特徴と購入できる取引所

Ripio Credit Network(リピオクレジットネットワーク・RCN)の特徴

Ripio Credit Network(リピオクレジットネットワーク・RCN)は、通貨単位がRCNで記され、2017年9月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、9億9994万2647枚です。

Ripio Credit Network(リピオクレジットネットワーク・RCN)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Ripio Credit Network(リピオクレジットネットワーク・RCN)は、ブロックチェーンとスマートコントラクトを利用した、P2Pのお金の貸し借りが可能になるプラットフォームです。

◯ Ripio Creditアプリケーション
Ripio Credit Networkは、2016年から先行して始めているビットコインを利用した融資と分割返済ができるサービスとアプリを使用しています(スマホ用はGooglePlayでダウンロード可能)。
今のところ、アルゼンチンに限定されていますが、銀行口座やクレジットカードを持たない個人が、融資を受けたり貸付けを相互に安全に低コストでやり取りできます。

◯ スコアリングエージェントと共同署名者
スコアリングエージェントとは、債務者の情報を提供したり評価付けを行う代理人で、報酬としてRCNトークンが支払われます。

共同署名人とは、債務者と同じ地域に居住する債務者の保証人で、万一債務不履行が発生した場合に回収を行う役割をします。保証人になることで利子の一部をRCNトークンで受け取ることができます。

Ripio Credit Networkでは、このスコアリングエージェントと共同署名者を設定することで、債務者にとっては、貸手が貸しやすい環境の中で審査や規制が少なく、割安な手数料で、銀行口座を持っていなくても借りることができます。また債権者にとっても、債務不履行や貸し倒れで回収できないリスクが軽減されます。

ブロックチェーンやスマートコントラクト技術が現れる前から、このようなP2PレンディングサービスにはProsperやLending Clubといったものがあり、個人間のお金の貸し借りの仕組みは存在していましたが、やはり債務不履行の発生や回収できないリスクが高いという課題がありました。

Ripio Credit Network(リピオクレジットネットワーク・RCN)の将来性は?

【リピオクレジットネットワーク・RCN】リアルタイム価格

Ripio Credit Networkの前身は2013年に設立されたアルゼンチンの企業Bit Pagosで、Ripio Credit NetworkのRipioはスペイン語で「砂利」を意味しており、新しい道路の基礎を表しているとのことです。先ずはラテンアメリカ地域の6億人に向けて、デジタル経済を民主化することで65%の人々が銀行口座を持てない地域でも、金融取引ができるようにしています。

最近では2017年末にアジア拠点のOKLinkとの提携や、2018年4月にBancorで利用できるようになったりとグローバル化を進めています。
Ripio Credit Networkの動向入手は、やはり公式Twitterがいいでしょう。

Ripio Credit Network(リピオクレジットネットワーク・RCN)が買える取引所は?

リピオクレジットネットワーク・RCNは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでリピオクレジットネットワーク・RCNを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る