コインインフォメーション

Siacoin(シアコイン・SC)の特徴と購入できる取引所

Siacoin(シアコイン・SC)の特徴

Siacoin(シアコイン・SC)は、通貨単位がSCで記され、2015年に公開された仮想通貨で発行上限枚数は、上限無しです。

Siacoin(シアコイン・SC)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Siacoin(シアコイン・SC)は、開発拠点がアメリカで、ブロックチェーン技術を利用した分散型クラウドストレージシェアリングサービスのプラットフォームです。SCトークンはプラットフォームの利用に使用されます。

Siacoin(シアコイン・SC)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ クラウドストレージシェアリング
Siacoinでは、空いているパソコンなどのストレージ(空き容量)を他のユーザーに提供すると、対価としてSCトークンを受け取ります。
ストレージを借りるユーザーは、これまでのクラウドサービスよりも安全に低コストで利用できます。

◯ Completely Private (完全なプライバシー)
Siacoinでは、1つのサーバーにデータを保管するのではなく、ブロックチェーン技術によって複数のノード(パソコンなどの端末)に分散してデータを保管します。
また、暗号キーによってファイルにアクセスできる権限は保護されていますので、他人にデータを見られる心配はありません。
また、複数のストレージにデータが分散されていますので、ハッキングされるリスクが非常に少ないです。

これまでのクラウドサービスは、Google DriveやDropBox、Amazon Web Serviceなど有名な企業が提供するものが知られていますが、運営会社はサービスの提供や管理をする一方で、ユーザーが保存したデータを必要に応じて閲覧できますので、ユーザーのプライバシーが守られているわけではありません。
また、サーバーが特定の地域に集中していますので、ハッキングリスクやシステム障害のリスクもあります。

◯ Far more affordable(低コストでの利用)
Siacoinは、1TBあたり月2ドルと非常に格安でストレージを提供しています。
GoogleやAmazonなど大手のクラウドサービスのおよそ10分の1程の金額です。

Siacoin(シアコイン・SC)の将来性は?

【シアコイン・SC】リアルタイム価格

Siacoinのロードマップによりますと、
今年2018年には、
企業で使用され始めてファイル共有が導入されることを目標にします。
2019年には、
SiaはAmazon S3の速度に近づくことを目指したストレージに移行し、コンテンツ配信機能を導入することを目標にします。
としています。

またニュースとしては、昨年中国のネットカフェパソコン10万台がハッキングされてSCトークンをマイニング入手できるマルウェアが撒かれてしまい、およそ9000万円相当の被害があったようですが、先月に犯人グループが逮捕されています。

Siacoinの提携ニュースなどの情報が少ないようですが、クラウドストレージシェアリングは地道に開発と営業を続けて欲しいサービスだと思います。
Siacoinには公式Twitterがあります。

Siacoin(シアコイン・SC)が買える取引所は?

シアコイン・SCは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでシアコイン・SCを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る