コインインフォメーション

SingularlityNET(シンギュラリティネット・AGI)の特徴と購入できる取引所

SingularlityNET(シンギュラリティネット・AGI)の特徴

SingularlityNET(シンギュラリティネット・AGI)は、通貨単位がAGIで記され、2017年11月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、10億枚です。

SingularlityNET(シンギュラリティネット・AGI)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

SingularlityNET(シンギュラリティネット )は、AIに特化したイーサリアムベースの分散型オープンマーケットで、AIの開発者と、ビジネスにAIを導入しようとするユーザーとの橋渡しをするサービスを目指しており、誰でもAIを収益化できるため、企業や組織、開発者はAIを大規模に売買できることを目指すプラットフォームです。

「 人類を滅ぼす」発言で有名なAI(人工知能)のSophiaを開発した、Hanson Robotics社のCEOのDavid Hanson氏がCEOを務めていますので注目を集めているプロジェクトです。

SingularlityNETの特徴を以下にまとめてみました。

◯ AIの活用を共有
SingularityNETを利用することで、AI開発者は、SingularityNETにサービスを追加し、サービスを活用したいユーザーは、AGIトークンを対価としてサービスの利用ができます。
また、SingularityNETでは、サービス同士の交換も可能です。
成長市場であるAIに特化したプラットフォームのSingularityNETを活用すれば、AIの活用が容易になります。
SingularityNETはその要求に応えるように設計されており、AI通信、トランザクション、市場発見にAIプロトコルを提供します。
現在、このようなAI相互運用性と調整を可能にするプラットフォームはありません。

現状、多くのAIを含むAI開発者は、AI技術にアクセスして統合するためのより良い方法を模索しています。外部のデータセットと機能を活用して、相互に学ぶことができるAIにすることで様々な利益が増大するからです。

◯ Sophiaとアクセス
SingularityNETを利用しますと、誰でもSophiaにアクセスできます。
数多くのアルゴリズムを持っているSophiaは、人工知能でありながらサウジアラビアの市民権を持っています。

SingularlityNET(シンギュラリティネット・AGI)の将来性は?

【シンギュラリティネット・AGI】リアルタイム価格

SingularlityNETは、NEXUS、SGI INNOVATE、 OCEANプロトコル、NR Capitalと提携しています。
特にNEXUSの通信技術とブロックチェーンを組み合わせるノウハウを活用したいようです。

世界のAI市場は、2017年の2334億ドルから2025年には3兆1,000億ドルに拡大するとの予測もされております。

一方で、昨年FacebookのAI研究チームが2つのAIで会話実験をさせていた所、英語による会話から使用言語が変化していき人間に理解できない会話になった為に実験が中止されたというニュースもありました。
更に、2045年のシンギュラリティ(技術的特異点)問題では、AIが人間を追い越してしまうとも言われています。

SingularlityNETの公式Twitterで動向をチェックするといいでしょう。

SingularlityNET(シンギュラリティネット・AGI)が買える取引所は?

シンギュラリティネット・AGIは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでシンギュラリティネット・AGIを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る