コインインフォメーション

”SKテレコム”、身元確認と資産取引でブロックチェーン構築

身元認証のためのプラットフォームを立ち上げ

韓国大手取引所であるSKテレコム(韓国最大級財閥SKグループの子会社、大手通信事業会社)が、顧客の利用申込みと身元確証の認証サービスのための、ブロックチェーンによるプラットフォーム(実名認証プログラム)を今年2018年のうちに立上げると、ZDネットが報じました。
この新しいシステムの開発をしていくことで、ユーザー登録と支払い処理の合理化がなされていくとのことです。

全ての資産を一元化

ザ・コリアヘラルド紙によりますと、SKテレコムのブロックチェーン部門の責任者オー・セヒョン氏が【この新しいプラットフォームは非金融資産とデータをやり取りすることができるようになり、透明性と信頼性をSKテレコムのサービスにもたらす一助となる予定】と発言したと報じられています。

またオー氏は、

当サービスは銀行口座、クレジットカード、マイレージポイント、そして仮想通貨を含むその他の非金融資産を一元管理できるようにするもので、信頼に基づいた資産の取引を可能にする

と述べました。
さらにSKテレコムは、「トークン取引ハブ」というサービスを立上げることも計画していると公表されており、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を通じて資金調達を行なう企業にとってこのハブは技術的にも金融的にもコンサルタントの核となっていく予定とのことです。
オー氏は、

我々はブロックチェーン技術を使用してビジネスを行う企業に、一貫したサポートを提供し、ブロックチェーンエコシステムの創造を支援する

とも述べています。
SKテレコムは、仮想通貨取引所のコルビットに投資をしており、最初に取引所へ投資をした主要投資企業の一つでもあります。

非中央集権型でやり取り

この3月には、やはり韓国通信事業会社のライバル企業であるKT(コリア・テレコム)が、自社のインフラの保護を、ブロックチェーン技術を活用したセキュリティーで強化していく計画を公表しています。
「フューチャー・インターネット」と名付けられたこのプロジェクトは、これまでの中央集権化された巨大な親運営者を介するのでなく、ピア・ツー・ピア形式によるデータのやり取りによって、個人と企業が利益を上げていけることができることを予定しているようです。

関連記事

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る