コインインフォメーション

Skycoin(スカイコイン・SKY)の特徴と購入できる取引所

Skycoin(スカイコイン・SKY)の特徴

Skycoin(スカイコイン・SKY)は、通貨単位がSKYで記され、2013年12月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、1億枚です。

Skycoin(スカイコイン・SKY)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Skycoin(スカイコイン・SKY)は、2012年から開発がおこなわれている、プロパイダーの存在しないインターネットSkywire(スカイワイヤー)を構築するブロックチェーン3.0を自称しているプラットフォーム(仮想通貨)です。

なお、ブロックチェーン1.0はビットコインやライトコインなどの通貨用途のブロックチェーン、ブロックチェーン2.0はイーサリアムやNEOのようなスマートコントラクトのプラットフォームとのことです。

Skycoin(スカイコイン・SKY)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Skywire
SkycoinはSkywire(スカイワイヤー)という完全匿名のP2Pによる分散型自立ネットワークの開発を進めています。
現状のインターネットは、通常サービスプロバイダー会社を通して利用せざるを得ませんが、Skywireが実現しますとユーザーはプロバイダーという仲介者無しにインターネットにアクセスできる社会が実現されます。
プロバイダー無しでインターネットにアクセスすることで、第三者からユーザーのプライバシーが守られます。
本当の意味でのプライバシーが守られ、マーケティングのために個人情報を取集されたりといったこともなくなります。

◯ Obelisk(オベリスク)コンセンサスアルゴリズム
Skycoinは「Obelisk(オベリスク)」と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムを採用して、マイニングを必要としないエコなブロックチェーンとしています。(ブロックチェーン3.0)

Obeliskではノードで頻繁にやり取りが行われるコミュニティは影響度が強いものとして判断をします。
分散された各ノードそれぞれが他のノードのリストを持っており、それぞれのノードには他のノードが実行した履歴が残されて公開されているので、非常に透明性が高いシステムになっています。

もしノードに不正な行動が記載されますと、そのノードは切り離されて各ノードの重要性を調整し直すことによって「検証された」ことになります。
この「Web of Trust」と呼ばれるネットワークによってマイニングを不要にしていますので、検証にかかるコストを削減しています。
また、誰が送金をしたかなどのプライバシー情報については、複数の情報とミキシングして保護しています。

◯ Skycoinを配給
Skywireの構想では、2030年から2040年までを目安に、まだ市場に出回っていないロックしてあるSkycoinをSkywireネットワークの協力者へ段階的に配給していく予定です。

◯ Skyminer
Skycoinは、Skyminer(スカイマイナー)と呼ばれる、P2Pの分散ネットワークのバーチャル・プライベート・ネットワークのプロバイダとして機能するハードウェアの開発も行っています。
このSkyminerのハードウェアの保有者は自身のインターネットの帯域幅をSkywireユーザーと共有し、その報酬としてSKYを受け取ることができます。

このSkyminerの普及と、将来的なWiFiアンテナの導入をすることによってワイヤレスメッシュネットのプロバイダーとしてあらゆる場所に設置され、従来の集権型のプロバイダーに代わることを目指しています。

Skycoin(スカイコイン・SKY)の将来性は?

【スカイコイン・SKY】リアルタイム価格

Skycoinのロードマップによりますと、
2018年第3四半期には、
Sky Exchange
Advanced Spend Builder
Hardware wallet
Signal
第4四半期には、
Desktop-lite Wallet
Web Wallet
Coinjoin
BBS
SDN
とのことです。

先月6月に、不運にもSkycoinのチャイナマーケティングチーム(EVOLAB)が過去半年にわたって約10万のSKYを盗んでいたことが発覚したようで、チームとの関係は解消したようです。また、この事件によって開発などの進展が遅延しないように努力しますとの声明が出ています。

Skycoinのブログ英語版公式Twitter、日本語訳版Twitter(Skycoin承認済み)をチェックしますと、開発進捗状況は着実な印象を受けます。

Skycoin(スカイコイン・SKY)が買える取引所は?

スカイコイン・SKYは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでスカイコイン・SKYを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る