コインインフォメーション

Stellar(ステラ・XLM)の特徴と購入できる取引所

Stellar(ステラ・XLM)の特徴

Stellar(ステラ・XLM)は、通貨単位がXLMで記され、2014年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、上限無し(1000億枚+年1%増加)です。

Stellar(ステラ・XLM)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Stellar(ステラー・XLM)は、個人が国境を超えた送金や決済を可能にすることを目指しており、リップルをベースに開発されている人と銀行と決済を繋げる通貨プラットフォームです。
リップル開発者で取引所マウントゴックスの創設者でもあるジェド・マケーレブ氏が中心となって開発を始めたプロジェクトですが売却しており、2015年に略号がSTRからXLMに変更されました。現在は非営利団体のStellar Development Foundationが開発運営をしています。

Stellar(ステラ・XLM)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ 総発行枚数は年1%ずつ増加
Stellarでは、最初に1000億XLMが発行されたあと、1年ごとに1%ずつ総量がネットワークに増えていく仕組みを取っています。意図的に1%ずつ増やすことでStellar安を誘導して、急激な価格変動を起こすことを抑えています。
また、Stellarの開発チームは、XLM全体の5%を保有しています。

よく比較されるリップルは発行上限が1000億XRPで、取引のたびに減少していきますので、流通総量は減っていく仕組みです。
リップルの開発チームは、XRP全体の25%を保有しています。

Stellarは個人をターゲットにしており、個人が扱う小さい額での決済や送金を目的にしていますので、決済速度(ブロック承認速度)もリップルより速くなっています。国際間の送金スピードが5秒、送金手数料が0.00001XLM、またブリッジ通貨の役割もするという3点がStellarの大きな特徴です。

一方でリップルは世界の大手金融機関などの法人利用を目的としています。リップルネットワークは提携している各国の銀行のネットワークとシステム接続し、送金処理の簡素化や迅速化を行なっています。

◯ SCP(Stellar Consensus Protocol)
Stellarでのコンセンサスアルゴリズムは、SCPというリップルのXRP Ledgerアルゴリズムの改良版です。80%以上の合意が得られなくても承認される仕組みで、80%割れでブロックチェーンが分岐してしまうリスクを抑えています。

Stellar(ステラ・XLM)の将来性は?

【ステラ・XLM】リアルタイム価格

Stellarは、次のように各企業と技術提携や共同開発を行なっており、新しい決済・送金システムの開発を進めています。

● IBM BlockChainとの提携
2017年10月にIBM BlockChainはStellarとKlickExと提携して、金融機関が決済時間を短縮することで国境を超えたボーダーレスな支払いのプロセスに取り組み始めました。
個人消費者が、金融機関の高い手数料や処理の遅れ、取引のエラーなど現在の国際間の決済システムにおける非効率性や不満を解消することを目的としています。

● TEMPOで採用
StellarはTEMPO(フランスのパリに本社を置く免許送金業者)と提携しています。両社の提携により、ヨーロッパから世界へ高い透明性を維持したまま低コストでの送金が可能となりました。これにより国境を越えた各種サービスの支払いにおいて、将来的に1500億ドル規模の送金が見込まれています。

● Deloitteと提携
Deloitte(世界最大級金融コンサルティング会社)は、Stellarのマイクロペイメントを利用して、ブロックチェーン技術を使用してコアバンキング分野の革新を目指しています。
両者の共同開発のプロトタイプは、トランザクションコストを従来比で40%削減、各トランザクション完了までの時間が5秒に短縮されたとしています。

● Parkway(ナイジェリアの通信事業者)で採用
Parkwayというナイジェリアのライセンスを取得しているモバイルマネーオペレーターは、Stellarネットワークを使用してナイジェリアの5大通信事業者を接続し、異なるモバイルマネーサービス間の顧客がお互いに送金できるようにしています。

Stellarの今年2018年の開発目標は、
SDEX — Stellar分散型エクスチェンジ(the Stellar Decentralized Exchange)と、Stellar上のライトニングネットワーク統合としています。

今後の開発進捗状況や提携ニュースはStellarの公式Twitterをチェックするといいでしょう。

Stellar(ステラ・XLM)が買える取引所は?

ステラ・XLMは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでステラ・XLMを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る