コインインフォメーション

Storj(ストレージ・STORJ)の特徴と購入できる取引所

Storj(ストレージ・STORJ)の特徴

Storj(ストレージ・STORJ)は、通貨単位がSTORJで記され、2014年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、4億2499万9998枚です。

Storj(ストレージ・STORJ)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Storj(ストレージ・STORJ)は、 イーサリアムベースのブロックチェーンを利用して世界中のストレージの空き容量を共有できるクラウドサービスのプロジェクトで、分散型で安全に、低コストに、ゼロダウンタイムを目指しているプラットフォームです。
2017年まではビットコインベースのブロックチェーンでSJCXでしたが、2017年10月からイーサリアムベースのSTORJに移行しました。

Storj(ストレージ・STORJ)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Storjの仕組み
Storjでは、32MBずつ細分化されたデータ(=Shard)をP2Pでつながっているすべてのユーザーに共有します。暗号化されて細分化されたファイルは秘密鍵を持っている人だけがアクセスできます。
また、万一サーバーが停止してファイルを取り出せなくなることも無く、ファイルが破損して閲覧出来なくなることもありません(ゼロダウンタイム)。
PoR(Proof of Resource)コンセンサスアルゴリズムです。

例えば、DropboxやGoogle Driveのように中央集権管理者に頼らずに、個人間でストレージ空き容量の直接取引を可能にするシステムです。

◯ Drive ShareとMetaDisk
Drive Shareは、ユーザーがPCなどの空き容量を貸し出すことができるサービスです。
貸し出すことで報酬としてSTORJを受け取ります。

MetaDiskは、簡単にデータの保存やデータのアップデートを行うことができるデータ管理のためのアプリケーションです。

◯ 高いセキュリティー
StorjはCapLinkedと提携して、アクセス管理とセキュリティー強化を更に図っています。

◯ 従量課金制
Storjでは、データストレージ料金を
1GBあたり0.015ドル(約1.65円)/月としています。
1TB使うと15ドル(約1650円)/月
2TB使うと30ドル (約3300円)/月
となります。
例えばDropBoxは、法人向けのサービスで2TBコースですと1ユーザーあたり月額1,250円がかかりますので、人数が多いチームの場合Storjにメリットがあります。

Storj(ストレージ・STORJ)の将来性は?

【ストレージ・STORJ】リアルタイム価格

StorjをCoinCodeCapで見たところ開発進捗指標は今日現在36位でした。

Storjは昨年11月に、フォグコンピューティングプラットフォームのSONMとパートナーシップ提携しています。
また、類似のクラウドシェアリングプロジェクトにSiacoinがあります。

Storjの今後としては、やはり顧客ユーザーとして知名度の高い企業を誘致できるようなマーケティングを期待したいというところでしょうか。
Storjの最新動向ニュースは公式Twitterでチェックするといいでしょう。

Storj(ストレージ・STORJ)が買える取引所は?

ストレージ・STORJは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでストレージ・STORJを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る