コインインフォメーション

Stratis(ストラティス・STRAT)の特徴と購入できる取引所

Stratis(ストラティス・STRAT)の特徴

Stratis(ストラティス・STRAT)は、通貨単位がSTRATで記され、2016年8月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、9800万枚です。

Stratis(ストラティス・STRAT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Stratis(ストラティス・STRAT)は、世界中のプログラマーが学んでいるC#言語でのブロックチェーン構築プロジェクトで、多くの企業ネットワークにブロックチェーンを導入することを目指している、ブロックチェーンを活用したい法人向けのプラットフォームです。ビットコインと互換性を持たせてあります。

Stratis(ストラティス・STRAT)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ BaaS(Blockchain as a service)
Stratisは、BaaS(サービスとしてのブロックチェーン)を目指しており、複数の組織が連携して、ブロックチェーンをサービスとして簡単に使えるようにするためのプラットフォームを提供しています。

企業エンジニアは、StratisのBaaSを使用することで、ネットワークまたはクライアント全体を維持することなく、クラウド内の個別のブロックチェーンベースのアプリケーションをテストして展開することができます。ブロックチェーンの実装は、ニーズに合わせて調整ができ、APIまたはライトクライアントを介してアクセスできます。

◯ プライベートブロックチェーン
Stratisブロックチェーン上に、プライベートブロックチェーン(独自のブロックチェーン)を作成することができます。さまざまな条件をカスタマイズすることができ、ユーザーがブロックチェーンを運用することができるようになります。
STRATトークンは、Stratisやプライベートチェーンの利用で必要になります。

Stratisのプライベートブロックチェーンは、BaaSを使うことで、アカウントにサインアップして必要なパラメータを選択するだけで、新しいチェーンをプロセスに簡単に導入できますので、ゼロから新しいブロックチェーンを作る必要がありません。

さらに、Stratisのサイドチェーンにも独自のプライベートブロックチェーンを作ることで、多くの企業エンジニアが簡単にイーサリアムやWAVESのDappsを立ち上げることができます。

◯ Cloud Stratis
ビットコイン、イーサリアム、ビットシェアのブロックチェーンをStratisに取り組むことができる仕組みです。複雑なシステムの構築はStratisのクラウドが簡単にするので、気軽にシステムを導入できます。
マイクロソフトに依頼すると、専門のエンジニアを雇うことなくブロックチェーンを社内ネットワークへ導入できます。

◯ TumbleBit
TumbleBitは、透明性のあるビットコインの取引に匿名性を保つ事が出来るようになる仕組みです。

送金者はタンブラーと呼ばれる仲介者を介して、ビットコインをエスクロー(第三者預託)にプールし、支払いもタンブラーが行い、コインをミキシングして一斉に受取り人に送信することで匿名性を保つ仕組みです。

TumbleBitとStratisが開発中のBreeze Walletを組み合わせることで、ダッシュやモネロなどの匿名仮想通貨を使わなくても、ビットコインを匿名で送金することが出来ます。

Stratis(ストラティス・STRAT)の将来性は?

【ストラティス・STRAT】リアルタイム価格

Stratisは、Microsoft Azure(主に大手企業のシステムを専門)と提携していますので、企業がマイクロソフトにブロックチェーンの依頼をするとStratisのブロックチェーンが提供される仕組みです。

Stratisのターゲットは企業向けのブロックチェーン導入ですので、マイクロソフトの主要プロジェクトに位置付けられていることは強味と思われます。

Stratisの最新情報は公式Twitterをチェックするといいでしょう。

Stratis(ストラティス・STRAT)が買える取引所は?

ストラティス・STRATは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでストラティス・STRATを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る