コインインフォメーション

Substratum(サブストラタム・SUB)の特徴と購入できる取引所

Substratum(サブストラタム・SUB)の特徴

Substratum(サブストラタム・SUB)は、通貨単位がSUBで記され、2017年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、5億3200万枚です。

Substratum(サブストラタム・SUB)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Substratum(サブストラタム・SUB)は、ユーザーが自分のPCやスマートフォンを使っていない間に、その空き容量を提供しホスティングサーバーとしてレンタルでき、報酬を得られるオープンソースのネットワークです。また、TOR(The Onion Router)などを使わずに世界中のインターネットを公平に自由に利用できることを目指したイーサリアムベースのプラットフォームです。
SUBはERC20規格です。

Substratum(サブストラタム・SUB)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ Substratumネットワーク
Substratumは、世界中にあるコンピュータを繋ぎ、分散型ネットワークを構築するためのプラットフォームです。
Substratumのネットワークを利用すると、制限を受けない地域に存在するコンピュータを通じてデータを取得できるために、例えば国の規制によって閲覧制限があるサイトがあるなどの問題も、TORのような特殊なソフトウェアをインストールする必要がありません。

一方、悪意を持ったコンテンツがSubstratumのネットワーク上に存在する場合には、その内容について投票などが行われます。ネットワークの参加者から同意が得られれば、そのようなコンテンツは速やかに削除されます。

◯ 簡単な導入
Substratumの導入には、専門知識や複雑な作業を行う必要はありません。アプリケーションをインストールし、いくつかの簡単な設定を行うだけです。後は、ユーザーが普段利用しているデフォルトのブラウザ(Internet Explorer、Safari、Firefox、Chrome)で表示させたり、データのやり取りができます。

◯ SUB Node
SUB Nodeは、Substratumネットワーク上で、コンテンツを運ぶ役割を担い、その報酬としてSUBトークンを受け取ります。
End web userと呼ばれる、Substratumネットワーク上でコンテンツを閲覧するユーザーの様々なリクエストはブラウザ上で処理が行われますので、そのリクエストに応じてリソースを提供したユーザー(SUB Node)には報酬としてSUBトークンが支払われる仕組みです。
また、インターフェイスの操作や設定もポイント&クリックのみですので誰でも簡単に行えます。

Substratum(サブストラタム・SUB)の将来性は?

【サブストラタム・SUB】リアルタイム価格

Substratumの開発拠点は米国オハイオ州です。

Substratumのロードマップによりますと、今年2018年第2四半期から、Substratum CryptoPayの開発をスタートさせているとのことです。

Substratumのスローガンの1つが「Make money while you sleep 」(寝てる間に稼げる)なので、例えば実際に1時間辺りどれだけ報酬が発生するかのデモンストレーションを見たいと思いました。

Substratumの最新ニュースや開発進捗状況は公式Twitterが一番早いようです。

Substratum(サブストラタム・SUB)が買える取引所は?

サブストラタム・SUBは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでサブストラタム・SUBを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る