コインインフォメーション

Theta Token(シータトークン・THETA)の特徴と購入できる取引所

Theta Token(シータトークン・THETA)の特徴

Theta Token(シータトークン・THETA)は、通貨単位がTHETAで記され、2017年11月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、10億枚です。

Theta Token(シータトークン・THETA)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Theta Token(シータトークン・THETA)は、分散型ビデオ動画配信サービスTheta Network(以下Theta)上の通貨です。イーサリアムベースのブロックチェーンとスマートコントラクトを利用した、非中央集権型のビデオストリーミング配信サービスを目指したオープンソースプラットフォームです。THETAはERC20規格です。開発拠点は米国カリフォルニア州です。

Thetaの特徴を以下にまとめてみました。

◯ 視聴者がマイニング
Thetaを利用する個々の視聴者ユーザーが任意で、ビデオストリーミングのキャッシングノードとして冗長メモリと帯域幅リソースを共有することにより、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)の帯域幅コストが大幅に削減されるようになります。
共有することが、Thetaではマイニングになりますので、その報酬として視聴者ユーザーにTHETAトークンが支払われます(広告配信企業から支払われます)。

現在ビデオストリーミングのデータ量はどんどん増大しており、720pHDを基準に、4Kの場合は約6.4倍、8K 360°は約25倍、16K 360°は約100倍、Light Fieldの場合は1000倍にもなります。
中央集権的な配信サービスですと、ますますエコから遠ざかり、コストアップやサーバーダウン、またデータセンターまでの距離問題(ラストマイル問題)が顕著になってしまいます。

Thetaは、このような今後のストリーミング配信サービスを見据えて、膨大なデータ通信量の処理を個々の視聴者ユーザーに分散化して頂くことで、ストリーミングエコシステムを目指しています。

◯ THETAトークン
THETAトークンは、様々なTHETAステークホルダーがThetaという分散型ストリーミングネットワーク(DSN)に参加するための長期的な持続可能なインセンティブメカニズムとして機能しています。

●視聴者ユーザーは、ビデオストリームをキャッシュして中継するための新しいTHETAトークンをマイニングします。
●視聴者ユーザーは、お気に入りのコンテンツ制作者やストリーマーをサポートするためにTHETAトークンを贈呈することができます。
●広告主は、THETAトークンを消費してストリーミングサイトやインフルエンサー、視聴者をサポートします。
●また、視聴者ユーザーも広告主からTHETAトークンを報酬として受け取ることができます(YouTubeのように)。

なお、今年2018年第4四半期のThetaローンチ予定時期には、THETAトークンが新しいネイティブトークンと1対1で交換される予定です。

開発側のTHETAトークン予算使途割合は、ソフトウェア開発の研究開発に60%、マーケティングとコミュニティ開発に20%、営業と法務に20%としています。

◯ SILVER.tv
SILVER.tvは、eSports系のゲーム配信サービスを提供しているスタートアップ企業で、Thetaを立ち上げた会社でもあります。
従いまして、Thetaは数百万人の視聴者を抱えるSILVER.tvに導入されます。

Sliver.tvも、最先端のブロックチェーン技術を利用して、今後のeSports市場で低コストかつ安定的なエコネットワークシステムの提供を目指しています。

eSports分野は、海外では数億円の賞金がかけられる大規模なイベントも定期的に開催されており、日本でも徐々に浸透してきています。

Theta Token(シータトークン・THETA)の将来性は?

【シータトークン・THETA】リアルタイム価格

Thetaのアドバイザーの中にはYoutubeの共同創業者Steve Chen氏やTwitchの共同創業者のJustin Kan氏が在籍しています。

また、戦略パートナー企業にゲーム開発会社のgumiや、Thetaにベンチャー投資を行なった企業にGREEやColopl VR FUND(コロプラ)、SONY、SAMSUNGなどの名前があります。

Thetaのロードマップによりますと、
2018年第4四半期に、前述の新しいブロックチェーンでのThetaネットワークのローンチ、ERCトークンからネイティブトークンへの交換予定です。
2019年第1四半期には、Thetaネットワークが、キャッシュ及びマイニングノード用に稼働予定です。
2019年第3四半期には、Thetaオンデマンドコンテンツのデビュー予定、とのことです。

今後、YouTubeなども中央集権的なメリットを残しつつ、分散型のテクノロジーを導入していくかはわかりませんが、ThetaやSILVER.tvのビジネスモデルは、より具体的な革新の形だと思います。

Theta Tokenは公式Twitterがありますので、そちらで最新動向や開発進捗状況、提携ニュースをチェックするといいでしょう。

Theta Token(シータトークン・THETA)が買える取引所は?

シータトークン・THETAは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでシータトークン・THETAを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る