コインインフォメーション

Tierion(ティリオン・TNT)の特徴と購入できる取引所

Tierion(ティリオン・TNT)の特徴

Tierion(ティリオン・TNT)は、通貨単位がTNTで記され、2017年7月に公開された仮想通貨です。発行上限枚数は、10億枚です。

Tierion(ティリオン・TNT)の公式ウェブサイト

こちらのコインは世界取引高No.1の「Binance(バイナンス)」で購入可能です。

Tierion(ティリオン・TNT)は、改ざんできないというブロックチェーンの特性を活かした、データの正確なタイムスタンプ、効率的なデータの存在証明の記録をして、データの存在証明をする公証プラットフォームです。開発拠点は米国カリフォルニア州です。TNTはERC20規格です。

Tierion(ティリオン・TNT)の特徴を以下にまとめてみました。

◯ チェーンポイントプロコトル
チェーンポイントはTierionのシステムの根幹で、ネットワーク上で利用する事ができるブロックチェーンに埋め込まれたものです。
チェーンポイントプロトコルという技術は、BitcoinおよびEthereumブロックチェーンにデータを固定するためのプロトコルで、情報がいつ生成されたのか、作成後に変更が加えられたかどうかを証明することができます。

従いまして、インターネット上で管理されている企業や個人のデータの真正性を証明するシステムなので、公共の利益を守ることにつながり、問題を未然に防ぐことができます。
なお、TNTトークンは、チェーンポイント機能の利用料で使用されます。

例えば、医療業界や保険、会計監査などの企業は、顧客の契約書や財産権などの重要な文書や大量の重要なデータを保護する必要があり、同時にその文書の信憑性を明確にする必要があります。
また、デジタルデータの改ざんを防ぐ必要があったり、常に絶対的な真実の情報が閲覧できなければなりません。

現在、これらの重要な情報の真正性を検証することは、膨大な費用がかかり、非効率的で、不可能な場合がありますので、Tierionが解決を目指します。

◯ 500以上のアプリケーションを統合
Tierionは、Zapierという自動化ツールを用意して、Tierionで収集されたデータを他のアプリやサービスに送信したり、他のアプリからTierionにデータを送ることもできます。
Google SheetsやGmail、Mailchimp、Salesforce、Slack、Stripeなどの500種類を超えるオンラインサービスアプリとの連携が可能です。

Tierion(ティリオン・TNT)の将来性は?

【ティリオン・TNT】リアルタイム価格

Tierionは、 2017年からMicrosoftと提携してデータをブロックチェーンにリンクするサービスを構築し、データの整合性と存在を証明しています。また、大手医療メーカーのPhilipsとも提携しています。

Tierionの公式Twitterをチェックしたところ、TierionからProofという新製品に軌道修正しているような感じです。既存のTierionのユーザーは、2018年12月31日まで元のアプリケーションを引き続き使用することができるようです。

今後の動向も公式Twitter(Twitter社承認済み)でチェックするといいでしょう。

Tierion(ティリオン・TNT)が買える取引所は?

ティリオン・TNTは日本の取引所に上場していない為、日本円で購入する事ができません。
以下の手順で国内取引所から送金することで購入する事が可能になりますので手順をご案内します。

①ビットフライヤーでビットコインを購入
②購入したビットコインを上場先であるバイナンスに送金
③バイナンスにあるビットコインでティリオン・TNTを購入

★★ビットフライヤーの新規登録はこちら★★
ビットフライヤーはセキュリティが国内取引所の中で高くビットコインの取引量が国内No1です。

  ★★バイナンスの新規登録はこちら★★  
バイナンスは世界一位の取引量であり、セキュリティー、使いやすさ共にNo1です。

関連記事

極秘情報をこっそりとLINEで配信中!

信頼度抜群の取引所BFトークン 8/1~

今度は90%還元。取引所オープン前に急げ

草コインを買うなら世界No1のバイナンス

ビットコインFXをするならザイフ

よく読まれている記事

  1. BitForex(ビットフォレックス)の特徴 今回ご紹介する取引所は超大手仮想通貨取引所Bit…
  2. 仮想通貨情報収集で欠かせない「Telegram(テレグラム)」とは みなさんは仮想通貨の新しい…
  3. 現在主流のERC20とは はじめに、ERCとは、Ethereum Request for Co…
  4. youtuberが一斉に同じICOを紹介する理由 先日、「2018年は80%のICOが上場でき…
  5. TOP.ONE(トップワン)の特徴 今回紹介する取引所はTOP.ONE(トップワン)というまた…
  6. CoinPark(コインパーク)取引所というまたも中国系の取引所が開設されるようですので、今後の…
  7. FCoin Token(エフコイントークン)保有で1日いくら貰える?分配はいつまで続くの? F…
  8. Fcoin(エフコイン)の特徴 仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は2018年5月β版取引…
  9. おすすめの草コイン2018年度版 草コインといえば、詐欺コインに近いようなイメージがあり、当初…
  10. 当サイトでは主に仮想通貨に関するニュースや既に上場されている無数にあるアルトコインに関する情報を…
ページ上部へ戻る